基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

<   2016年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

MEC食を始めて、今日で2週間になりました。

MEC食は、炭水化物を食べてはいけないと言っているのではありません。
最初に、メインとして、肉、卵、チーズをよく噛んで食べると、おのずと、それらが欲しくなくなるというだけです。
ここらへんを誤解されている方が多いようなので、今、一度(^^♪

現に私は、パンや麺類が大好きです。
MEC食を始めるにあたって、MEC(肉/200g、卵/3個、チーズ/120g 以後、MECと記します)をしっかりと噛んだ上でそれでもおなかがすいていたなら、
炭水化物を食べても構わないと書いてあったので、安心して始めたわけです。

そして、本に書いてあったとおり、本当に食べれなくなりました。
MECをよく噛んで食べると、それだけでおなかがいっぱいになり、欲しくなくなっただけです。

甘いものも大好きです。
なんせ、エイミーズのお菓子教室に通うくらいだから(笑
でも、おなかがすいたときに、チーズひとかけをよく噛んで食べると、自然と甘いものも欲しくなくなるんです。

それでも、ある日、甘いものを少し食べてみようかなと思った日があって、ピノという小さなアイスクリームを一つ、口にいれました。
丁度、MEC食を始めて1週間くらいたったころでした。

数時間後、動悸を覚えました。
走ったりなんか、してませんよ。
普通に家の中で生活をしていただけです。
この動悸はなんだろう?と思い、すぐさま、調べてみました。
そうしたら、
今まで、糖質を普通にとっていた人が、糖質を摂らなくなると、そういうことが起こるのだそうです。
以下、引用です。

糖質摂取後は、正常人でも血糖値が上昇します。
正常人が1日三食糖質を摂っていると、食後血糖値が上昇しても慣れてしまっているので、動悸等の心身的変化は感じなくなっています。
その代わり、一旦上昇した血糖値が急速に下がる時に眠たくなる場合などがあります。。
スーパー糖質制限食を実践していると、食後の血糖値がほとんど上昇しないので、血糖値の急速な上昇も急速な下降もなくなり、眠気も動悸も生じません。
一方、日頃スーパー糖質制限食をしている人が、たまに糖質を食べた場合には、
血糖値が急速に上昇したとき、それに慣れていないので動悸がしたり頭が働かなくなったりするものと考えられます。
日本糖質制限医療推進協会

納得しました。
と同時に、私は、すごくショックでした。
それまで、血糖値、インスリンという言葉は知っていましたが、実際に、インスリンが体にどういう働きをするのか、全くもって、無知でした。
なので、普通に食べたり飲んだりしていることが、体の中で、どんな反応があるのか、知る由もありませんでした。
おなかがすけば、何かを食べるし、おなかがいっぱいなら、何も食べない。
ご飯を食べた後、眠くなるのは、自然の摂理と思っていただけです。
私は、MEC食を始めてから、MECがメインで、炭水化物や糖質は本当に欲しくないだけで、摂っていなかったのですが、
たった一口のアイスクリームでこんな感覚を覚えることにびっくりしたのでした。
そして、インスリンのことをもっと詳しく知りたいと思い、
再び、渡辺先生の本を読むことにしました。
(それまでは、わけわかんないので斜め読みしてた~~笑)
渡辺先生の本には、インスリンと血糖値の関係を図式やグラフで、とてもわかりやすく説明されています。

そして、糖質を含まない食品(MEC)とバターやラードを摂る分には、空腹時から血糖値はほとんど変動しないこと。
人の食後血糖値をあげる栄養素は、糖質だけ!(糖質とは、炭水化物も入っています)
(渡辺先生の本に、食品別にみる食後血糖変動のグラフが載っています)

そして、毎日、食べることによって生ずるこの血糖値の乱高下が血管を老化させてしまうことは、今や常識となっています。

この理屈が体験をもって、わかると、糖質を摂ることが怖くなってきました。
けれど、糖質を全部、抜くことは不可能です。
砂糖のみならず、ソースやケチャップ、醤油、0カロリーとうたっている飲物、ドレッシングにも糖質は含まれています。
(商品の成分表示をみればわかります。糖質はもちろん、炭水化物と表示されているものも糖質です)

でも、渡辺先生は、これら、調味料などや、揚げものに使うパン粉は許容範囲とおっしゃっているので安心です。

炭水化物(糖質)は、少しならいいのです。
要は、必要以上に摂りすぎるのが問題なのです。
(現代人は、知らないうちに必要以上に摂りすぎています)

昨今、果物も、野菜(トウモロコシとか~~トマトとか~)、甘ければ美味しいと思う現代人にあわせて、
どんどん品種改良されて、甘くなっています。
じゃがいもだって、寝かせると糖分が増えるということで、そういうじゃがいも、売ってますよね。
私、好きでよく買ってました(笑

MEC食をはじめて、糖質制限とはなんなのかも、勉強するようになりました。
知れば知るほど、糖質の摂りすぎは、肥満だけでは終わらず、
老化やさまざまな病気の大元の原因とつながることになります。
私の不定愁訴も、糖質の摂り過ぎだったんだと感じます。
(糖質には気を使っていたはずなのに・・・。糖質というものの勉強不足です)

糖質を抜けば、体は元気になるというのも、ここ2週間のMEC食で実感しています。
夫も、先日、ようやっと、糖質をやめたことによる眠気(私もありました)から抜け出せました。
と、同時に、
「体がすっきりしてきた!食べ物一つでこんなに変わるなんて嘘みたいだな」と。

最初、私が、MEC食を始めた時は、
「こんな極端なこと、やばいぞ? だから、ほどほどにしておけよ」と言っていたのです(笑

夫も、10日で、1,5キロ、減りました。
私は、ジャスト2キロ。

体がおかしいなと思ったら、いつでも、やめようと思って始めたMEC食ですが、
・体重が減った(2週間で2キロ)
・足の裏がほてるのがなくなった
・低体温だった体が36度を超えた
・寝つきがよくなり、朝までぐっすりと寝れるようになった
・食後の眠気がなくなった
・体が軽い
・バレエのレッスンをしてもばてない
・ストレッチをするとき、体がすごく柔らかくなっているのを感じる
・頻繁に出ていたおならが減った
・便秘解消
・舌が綺麗なピンク色になった
・首のたて皺が半分くらい減った


と、たったの2週間でこれだけの改善があったので、もう少し、続けてみようかなと思っています(*^.^*)エヘッ

おならと、便秘、舌、首の皺のことは、また、詳しくお話させてくださいね。
長くなりました。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

こういう医学が絡む話を文章にすることは、初めてで、すごく難しいなと感じています。
ちゃんとお伝えしたいと思うのですが、勉強不足と文才がないため、わかりにくい箇所もあるかと思います。
また、誤解が生じるのを避けたいと思います。
興味がわいた方は、できるなら、渡辺先生の本がわかりやすいので、まずは、本を読まれることをお勧めします。


こちらの本が最新版でとっても、詳しく書いてありますが
↓ ↓ ↓


f0356001_20244576.jpg
日本人だからこそ「ご飯」を食べるな



こちらの本は、もう少し、簡単に書いてあるので理解しやすいかと思います。

↓ ↓ ↓

f0356001_20251070.jpg


「野菜中心」をやめなさい


[PR]
by slowlylifee | 2016-08-05 14:03 | MEC食
先日の食事内容です。
朝は、バターコーヒー(コーヒーにバターをひとかけいれたもの)
これが、美味しいんだ~(^◇^)
友達から教えてもらったんですが、コーヒーにバターを入れると、ミルクを入れたような味わいになるのです。
そして、ゆで卵2個にチーズ1つ(6Pチーズの1つ分)

お昼は、豚ばら肉100gをセロリと炒めて塩コショウしたもの。
それと、ゆで卵1個。
f0356001_20262940.jpg

よく噛み噛みしていただくと、これだけでおなかいっぱい。

3時くらいにちょっと、おなかがすいてきたので、チーズ2個を噛み噛み。

f0356001_20265223.jpg
お夕飯は、ハンバーグ。
家族3人分で、牛のひき肉600g使いました。(MEC食を始める前の倍です)
それに、卵1個、塩コショウ、ナツメグ少々。
つなぎのパン粉は、カップ1/2くらい使っています。
パン粉は炭水化物ですが、こういう調理の場合は、私は気にしていません。

そして、私が食べたハンバーグの量は、ひき肉にして、大体250g(笑)
すごいでしょ?(^◇^)

また、今までは、調理のさい、脂はカロリーを気にして、使っていませんでしたが、
しっかりと、使っています。

これがメインで、あと、わかめときゅうり、タコの酢の物(作り置きしてます)
お味噌汁で終わり。

f0356001_20271126.jpg

寝る前におなかがすいてきたので、チーズを3個。
そのほかにも、バター(写真のを2かけ)とナッツを口に入れてます。
このバターとナッツの組み合わせがすごく美味しい!
私にとっては、今はこれが、デザートです(笑
MEC食を考案した渡辺先生の本に、渡辺先生が、小腹がすいたときは、レーズンButterもお勧めって書いてあったからです。
MEC食を始める前は、バターは、カロリーが高いから、とんでもない!と思っていました。
また、口にいれるなんて、気持ち悪い。
けれど、試しに口にいれてみたら、これがなんともいえず、美味しく感じるのです。(味覚が変わってきた?)
友達数人に話したら、皆、気持ち悪い~~って、どんびきしてたけど・・・(^^;

MEC食は、おなかがすいたら、卵、チーズ、肉、脂質(バター、ラード)ならいつ、食べてもいいということなので、本当に我慢しなくて助かります。

ここ数日、ベース量では足りなくて、ものすごく食べています。
この日だって、卵3個、チーズはベース量を超えてるし、お肉も、ベース量を超えています。
脂質もかなり摂っています。
カロリー計算したら、怖い(笑
MEC食を始めて間もない頃に、食べてもおなかがすくというのは、体が栄養を欲しがっていることだそうです。
MEC食を始める前は、ちゃんと食べているようでも、所謂、たんぱく質、脂質が足りない栄養失調状態だったので、
その分、今、食べてもおなかがすくということになるのだそうです。

なのに!
MEC食を始めて11日目、体重がまた、減り、合計で1.9キロ減りました!
でも、どこもしわしわになってないよ~~(^◇^)




※MEC食に興味をもたれたのなら、まずは、本を読むことをお勧めします。
netでは間違った情報もたくさんあるので。



f0356001_20244576.jpg
日本人だからこそ「ご飯」を食べるな


[PR]
by slowlylifee | 2016-08-03 22:20 | MEC食
MEC食をはじめてから、毎日、体がポカポカとしています。
今まで、ご飯を食べて、汗がでることってなかったんだけれど、
肉をよ~~く噛み噛みしてると、汗がでるようになってきました(笑
本当に、体の内部からあったまっているんだな~って感じています。
それと同時に、寝つきがすごくよくなりました。
今までは、眠くなってベッドに入ってもなかなか、寝付けませんでした。
が、今は、ベッドに入ったら、すぐに寝ているようです。
これも、私にとっては、本当に嬉しい^^

MEC食をはじめてから、7日目位でしょうか。
やたらと眠くなりました。
朝、目覚めよく起きても、暫くすると眠くなって寝ていました。
夜は夜で、眠い。
そういう日が3日くらい続きました。

どうしたことだろうと調べてみました。
そうしたら、こういうことでした。

以下、引用です。

体は常に糖質がエネルギーとして入ってくることに慣れきっていて、脂肪をエネルギーとして使う仕組みは動いていないのです、持っているけど、何十年も眠ったままなのですね。

こういう人がいきなり厳しい糖質制限すると、糖質以外に慣れてない体は、それが飢餓状態であると勘違いしてしまいます。

それで急いでエネルギーを使わない冬眠モードにスイッチ、リバースT3を盛んに作り始めるというわけです。


森のクマさんと同じです。

春先は柔らかい葉っぱや、生まれた手で動きの遅い獲物がたくさん手に入ります。

でも、秋には食べられる若芽もなくなり、獲物の動物も大人になって簡単には捕まえられなくなります。

だから秋には、森に実った果実(berry)をたっぷり食べて糖質ばっかり摂取しています。


ですが、秋が深まると果物はなくなり、獲物も簡単に手に入らなくなるので、果実を食べつくすと同時に、エネルギーが摂取できない飢餓状態が訪れます。

幸い、秋に大量に食べた果実のおかげで体には脂肪がたっぷりたまっています。

こうなったときに、体は飢餓対策として新陳代謝が落ちるので、速やかに冬眠モードに入れるというわけです。


「糖質に体を慣らしたところでそれをいきなり切る」というのが冬眠モードに入るコツというわけです。

(かるぴんちょ注: 糖質主食の現代人は一年中、森の熊さんの冬眠突入前モードの生活を送っているというわけですから、太るのも納得ですよね。)


糖質制限食の導入時にも、同じメカニズムが発生して冬眠モードに入る可能性があります。
(引用したサイトはこちらです → http://低糖質.com/review/cat18/post_179.html)


 

ここで、糖質を少し、入れればいいのですが、
私は、頑張りました!
だって、これを乗り切ればいいだけだもん!
それに、ここで、また、少しでも、糖質を入れたら、逆戻りになるのが勿体ないと思ったからです。

引用したサイトでは、ゆるく糖質制限をはじめればいいと書いてありますが、私は、やるなら、最初から徹底的にやったほうが、体の反応もわかりやすいと思い、一切の炭水化物、糖質は抜いています。
(調味料、ハンバーグに入れるパン粉などそういうものは、少量であるので、そこまでは、こだわっていません)

私は、MEC食は、家族には勧めていません。
けれど、夫が興味を持ち出して、私がMEC食を始めた3日目位から、夫も本を読み、MEC食を始めました。
私と同様、夫も、最初から、炭水化物、糖分(おやつなど)はとっていません。

その夫、今日で7日目なんですが、私と同じ症状がでています(笑
やたらと眠いんだって~~~(^◇^)
でも、これも、好転反応と思い、楽しんでやっています。
また、夫も、MEC食をはじめてすぐに、足の冷えが治ったそうです。

最近では、私たち夫婦の会話は、MEC食についてのことばかりです(笑
とにかく、まずは、2週間試してみようと夫婦で会話しています。


幸い、私のやたらと眠い症状は3日くらいでおさまりました。

今日で、11日目。
さきほど、バレエの友達から電話がありました。
彼女とは、半年くらい会っていなかったので、久々の会話です。
彼女、肉離れを何度も起こしていて、どうして、こんなに肉離ればかりするのか、色々調べたそうです。
そして、たんぱく質が足りないということがわかり、それから、MEC食をはじめたそうです。
この話をきいて、びっくり!
実は私もなんだ~~ってことで、盛り上がりました。
彼女曰く、たんぱく質と脂質がいかに体にとって大切か、痛切に感じたと。
そして、今まで、どれだけ、栄養が足りていなかったかを感じたと。
全く、私も同感です。

また、たんぱく質と脂質をいくらとっても、太らないね~~って二人で、盛り上がりました。

バレエはかなり体力を使います。
彼女は、私と違って、バレエがすごく上手で、レッスン量もくらべものになりません。
そのうえに、ことあるごとに舞台にたっているから、体力が物を言います。
その彼女がMEC食をはじめたなんて、私は、とっても嬉しくなりました。
やっぱり、このMEC食、すごいみたいだわってね^^
[PR]
by slowlylifee | 2016-08-02 22:14 | MEC食
今日は、バレエのレッスンでした。
帰宅し、お昼ごはん(油揚げをピザ生地にみたてた油揚げピザ)を食べ終わり、この記事を書いています。
MEC食を始める前は、レッスンが終わって帰ってきた時点でくたくた。
お昼(大体がパスタ)を食べると、眠気がきて、寝てしまうというのが通常でした。
が、全然、眠くない~~(^◇^)
嬉しいです。
だって、昼に寝てしまうと、何にもできないじゃんね。
起きていられるってことは、色んな事が出来ます!
マジで、嬉しいわ♪

そもそもが、炭水化物を食べると眠気がくるということ、MEC食をはじめてから知りました(笑)
MEC食で体力がついているのと、炭水化物を摂っていないので、眠くならないんだね~。

さて、7月23日から、MEC食を始めました。
今日で、10日目になります。

この10日間のことをざっと、振り返りたいと思います。

MEC食は、肉(200g)、卵(3個)、チーズ(120g)がベース量となっています。

一日目、
朝は、ゆで卵2個を30回以上、よく噛み噛みしただけで、おなかいっぱい。
それだけで、お昼ご飯の時間になっても、おなかがすかなくて、
結局、この日は、ベース量の半分も食べれませんでした。
本には、無理に食べなくてもいいし、おなかがすいたら、ベース量以上を食べてもOKというので、無理はしませんでした。

2日目、
朝から、胸焼け。
食欲がわきません。
自分で食べれるもの~って考えたけれど、パンやお米、麺も食べたいと思わない。
昼にようやっと、卵1個を使った茶碗蒸し(具なし)を食べれるくらいでした。
どうして、こんなに胸焼けがするのだろうと検索してみました。
そうしたら、たんぱく質を今まで摂りなさ過ぎていた人は、こういう症状がでることもあると書いてありました。

3日目、
胸焼けはなくなっていました。
普通にベース量は食べれるようになりました。
が、毎日、肉、卵、チーズにちょっと辟易・・・・。
これから毎日、この肉、卵、チーズばっかりは、嫌だな~って思うようになりました。
ふと、MEC食を3年続けている人のブログを思い出しました。
その人は、ベースとなるものの他に魚や豆腐も食べるって。
そっか!
ベースはベースだけれど、これ以外のもの(炭水化物や糖質は除外)を食べてはいけないとは本には書いてなかったことを思いだし、
ちょこっと、魚料理や冷奴を足したりもしました。

今までは、主食(米やパン、麺)があって、副菜(おかず)というパターン。
これからは、主食がMEC食で副菜にMEC食以外のおかずと考えればいいかも!と思い、
副菜にタコの酢の物とか、つけるようにしました。
野菜や味付けも、メイン(MEC食)とは違う食感や味つけにして、変化をもたせれば、いいわけです。
そうしたら、この日から、食べれるようになりました。

小腹がすいたら、チーズをよく噛み噛み。
口の中の固形物がドロドロになるまで噛みます。
最初は噛むことに疲れていました。
普段、どれだけ、噛んでいなかったのか、よくわかります。
一回一回、口に入れる量はほんの少しにして、30回は噛む。
あごが疲れてきます(笑
途中、食べるのが嫌になることも(笑
そのまま、箸をおいて、後で食べようと思って、残したことも。
しかし、後になると、おなかが膨れてきて、結局は食べれなくなります(笑
これがいいのかもね~♪
満腹中枢は、食事をしてから、20分後っていうし。

大体は、今は、食事時間に1時間はかかるようになりました。

MEC食は、脂も気にする必要はありません。
むしろ、脂(MEC食では、ラードかバター)は積極的に摂るようにと。
また、カロリー制限は根拠なしと本に書いてありました。
ほんまかいな?と思いつつ、
疑心暗鬼でから揚げをたっぷりと食べた日もありました。
今まで、鶏の皮は元々、嫌いだったし、カロリーが怖いのもあって、綺麗にとっていましたが、
MEC食をはじめてからは、皮がついたまま、から揚げにするようになりました。

f0356001_20301754.jpg

豚肉と茄子の炒め物、美味しいですよね。
でも、茄子は油をよく吸うので、そのカロリーが怖くてあまり、食卓に出すことはありませんでした。
が!
フライパンにラードをたっぷり入れて、茄子にしみこませ、豚肉と茄子の炒め物を作り、食べた日も。

毎日、こんな食事をしていて本当に体重が増えないのだろうか?
めちゃ、疑問でした。
暫くは、毎日、体重計にのるのが怖かったです。
しかし、その疑問や怖さは、吹っ飛びました。

MEC食をはじめて、それまで、動かなかった体重計の針が、4日目に、なんと、一気に、1.45キロ減ってるじゃありませんか!!!@@
一気ですよ!!!
体重計にのって、びっくりです!
体重計、壊れたのかな?と、何度も何度も、量り直しましたが、同じでした。

やっぱり、本に書いてあること、ブログで皆さんがおっしゃってることは本当なんだ~~~~!!!と嬉しくなりました。

最初は、一気に体重が減るそうです。
その理由は、体の水分が抜けるから!(爆笑
糖質1グラムにつき、その糖質を体に抱え込むのに、3gの水分が必要だそうで、
今まで、毎日3食、パンや麺、米、そのうえにおやつといって、甘いものを食べていたから、糖分が体内に水分と一緒に抱え込まれていたのです。

MEC食をはじめて、わたしは、パン、麺、米を一切口にしていません。
調味料の中にも糖質はありますが、そこまで気にしていません。
糖質を摂らない日が続いたので、それが結果として出たのだと思います。

体重が一気に減る前日だったかな?
やたらと、トイレに行く回数が多く、一度の尿の量も「今日はやけに多いな~」と感じていたのです。
あれは、糖が抱え込んでいた水分だったのね(−−;

脂肪は落ちていなくても、水分が抜けるだけでも、体型はかなり変わります。
鏡に対して、自分の体を横向きにして、おなかまわりをみて、にんまり(笑
おなかがへっこんでる~~♪
でも、おなか、しわしわになってない~~~~♪
(私くらいの年齢になると、一気に体重が減ると、しわしわになるのです!笑)

足の裏もMEC食をはじめてすぐに熱く感じなくなったし、体温も36度を超えるようになったし、嬉しいことだらけです。

まだまだ、続きますよ~~(^◇^)







ある日の晩御飯(MEC食)
f0356001_20305447.jpg

春雨の代わりにしらたきを使ったチャプチェ。
あさりのお味噌汁
冷奴

よく噛んで食べると、この量でさえ、最初は、チャプチェも冷奴も半分しか食べれませんでした。






[PR]
by slowlylifee | 2016-08-01 16:32 | MEC食