基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

首の骨がずれてる?!

数年ぶりに会ったMさんは、少し疲れた様子でした。
ランチしながら、楽しい会話をしてたはずが、
突然、「私、頚椎症で、大変だったんだ。バレエはもう、できないんだ」と悲しげに話し始めました。

ひどかった時は、上を向けない、首から両手のしびれと麻痺。
だるくて重くて、荷物ももてず、洗物もできなかったとのこと。
何もできず、ずっと、ひきこもりだったと。
医者からは、治らないって言われたと…。

実は、私もこうこうだったんだよ。と、今までのことを話しました。
そして、F先生のことも。
「行きたいな。でも、遠すぎるわ。」
彼女の家からは、○○接骨院まで1時間かかるのです。
両手がまだ、麻痺してる彼女に、1時間もかけて通う辛さは私も大学病院に通っていたので、よくわかりました。

でも、彼女がよくなってほしいから、一度だけでも、来てみたら?とは言ったのですが、無理だということで、別れました。

F先生にこのことを話ししたら、「症状を実際に見てみないとわからないけれど、治るよ」とのこと。
彼女にこのことを、電話で話しました。
でも、遠いからやっぱり、無理とのこと。
ところが、後日、彼女から電話があって、「治したいから行くわ!」と^^


それから、彼女はF先生のところに通い始め、治療を受けるようになりました。
だんだと良くなり、今では、無理しない程度なら、バレエができるほどになりました。
現在、まだ、彼女は通院中ですが、通えば通うほど、よくなっていくので、嬉々として、通っています。


ある日、先生が施術中に、私にこうおっしゃいました。
「○○さん(私の苗字)は、首の骨がずれてるな」
「今まで、あまりにも、体中が硬直していたから、どこがネックポイントなのか、はっきりとしなかった。
けれど、だんだんと、体の硬直がとれてきて、首の骨がずれてるってことがわかってきたよ。これからは、首もアプローチしていくね」と。

寝耳に水でした。
首の骨がずれてるなんて、初めて言われました。

私は、いつくらいからか忘れたけれど、かなり前から、
ひどい肩こり、若干の手のしびれ、頭痛、めまい(時々)、むくみ、不眠でした。

首の骨の中には、脊髄があって、その中に、神経が通っていて、その神経は脳と首から背中に伝って、腰、足へと伸びています。
首の骨がずれることによって、脊髄が圧迫されたり、歪んだりして、伝達神経に影響を及ぼすのだそうです。

坐骨神経痛には、腰からくるものと、首の骨がずれることによって、二通りあるとのこと。
私の場合、後者のほうだということでした。


不眠も、同じ理由で、自律神経が乱れてのことでした。

首の骨がずれることによって、顎関節も余裕がなく、顔も曲がっていたとのこと。
結果、メガネのせいでなくて、顔が曲がっていたので、メガネも曲がっていたとのことでした。

また、第一頸椎もずれていて、目にクマができるとのこと。
実際に、かなり前から、目の下のクマには悩まされていました。


病名的には、Mさんのほうが重く聞こえるけれど、実際には、私のほうが症状は重いとのことでした。

それから、首へのアプローチも始まりました。
「首の骨のずれを戻しても、すぐにまた、ずれるかもしれない。でも、また、ちゃんと元の場所に戻すってことを繰り返していくと、脳がそれを覚えて良い方向にいくから、心配しないようにね」と。






今もまだ、治療は続いています。
まだまだ、できないことが多いですが、日常生活にはある程度、困らないところまで回復しました。
坐骨神経痛も、かなり改善されました。

どこの整形外科でも、絶対に治らないと言われたまっすぐな背骨とストレートネックもS字を描くようになってきました。


若かった頃は、あごの線がきゅっと逆三角形だったのが、年々、ほおのあたりがたるみとなって、四角形に・・・。
ほうれい線も深くなり、鏡を見るのが苦痛で、最近では、じっくりと自分の顔を鏡でみることがなくなっていました。
年齢によるものと諦めていました。
ある日、先生が、「かなり、首も細くなってきたし、顔もシャープになってきたな」って。
「え?」
「自分で鏡、見てごらんよ。見てないの?」
「うん・・・」
鏡でみたら、本当でした。
四角形になってた顔が逆三角形に戻ってる・・・
ほうれい線も、薄くなっているのです。

F先生、「やせたねって言われない?」
「そういえば、よく言われる・・」
「でしょ?^^」

そう、首もいつの間にか、細くなっていたんです。

先生曰く、首が正常な位置に戻ってきたから、こういう結果になったんだということでした。

世の中、小顔矯正が流行っているけれど、一時的には、小顔になるけれど、首をちゃんとしないと、すぐに元に戻るとのこと。
首をいじるのは難しくて、大概の整体では怖がってしないとのこと。

顔のことは、嬉しいおまけでした。

Mさんも、1ヵ月ぶりに会ったとき、とても肌つやがよくなって小顔になっていました。



先日、夏の終わりくらいには、もっと、良くなっているよ。との嬉しい言葉も頂きました。



この一年、本当に辛い思いをしました。
痛みのない体がどれだけ、ありがたいか、つくづくと身に染みました。
自由に体を動かせることがどれだけ、幸せなことなのかも。
それによって、色々なことを感じ、意識に変化が起こり、価値観が変わりました。


F先生の施術の日は、楽しみです。
体のことに関しての疑問や体のしくみについて、様々な話を聴けるからです。
今日のことですが、朝起きると、20年以上も前にひどく捻挫した足首が痛んでいました。
先生に聞くと、
脳は痛みを覚えている。それが、長ければ長いほど、痛みをインプットされる。だから、何事も早く治したほうがいい。
20年以上も前に捻挫した箇所は、治っているよ。
ただ、それが、疲れから脳にインプットされたものがでてきてるだけだから、大丈夫。
(今朝はちょっと、疲れ気味でした)
また、朝は血圧が下がってるから血液の循環も悪くて、そのせいもある。梅雨時っていうのもあるし、気にしなくていいとのこと。

昨今、情報が多くて、どれが本当なのか、わからないことが多いです。
F先生に言わせると、情報はあまり入れない方がいいということ。
確かに、私もそう思います。
情報過多によって、真実のことがわかりにくくなっていると感じます。


先生との会話や、意識の変化によって、生活が変わったことなどは、また、折に触れ、ブログに書いていこうと思います。





簡単に書こうと思っていたのに、とても長くなりました。
長く拙い文章、ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

一応、これで、体の話は終わりにします。
本当にありがとうございました。

なお、コメント欄は、書き終わるまで閉めさせてもらいました。
次の更新から、また、コメント欄、開けます~♪




追記 

大事なこと、書くのを忘れてた^^;
ねじれ曲がっていた私の体、今は、見た目にはわからないくらいまで、改善しました。
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-30 22:23 | 体のこと

F先生との出会い

鏡に写ったねじれ曲がった私の体・・・
おまけに手の長さがあからさまに違う・・・

痛みによって動かせなかった期間が長過ぎたために、筋肉の委縮が起こり、硬直し、体が左に引きつられての変形でした。

ショックでした・・・
すごくすごく、ショックでした・・・
鏡に写った自分の姿、自分ではないと思いました・・・


その時、ふっと、思い出したのでした。
近所の仲良しさんのUさん、ずっと、私に
「○○接骨院のF先生の腕がすごいから、そこに行ってごらん」って。

Uさんが勧める○○接骨院は、私は数年前に行ったことがありました。
そこは、30人ほど先生がいらして、私は、院長先生に診てもらいました。
しかし、院長先生に診てもらって、悪化したのでした。
(整体は、下手な人にしてもらうと、怖いです)

Uさんに、そのことを言うと、
「院長はだめよ~~!あの院長は下手!」


院長先生に顔をあわすのは、ばつが悪いと言うと、
「関係ないわよ。院長と会ったら、知らんふりしておけばいいよ」

勇気を出して、予約をとり、行きました。
今年の3月上旬のことです。

F先生は、30代後半くらいでした。

問診と触診の後、
「前向きに行こうね。痛いとなかなか、そうはいかないかもだけれど、気持ちが前向きだと治るのも早いからね。
必ず、治るから!」

施術が終わって接骨院を出たとき、少しだけ、体が楽なのを感じました。

この頃は、今年に入って大学病院で2回目のステロイド剤の注射で、だいぶん、肩の痛みはひいていました。


人間の体ってうまくできていて、あちこちが痛くても、一番、痛いところしか感じないようにできているらしいです。
坐骨神経痛が現れたのも、本来持っていた痛みで、肩の痛みがひどかったから、感じなかっただけで、
肩の痛みがひいて、現れたということらしいです・・・。

2度目、3度目と通っていくうちに、なんとなく、F先生に施術してもらいたいと体が言っているように感じました。
F先生に、大学病院で手術と言われたと話すと、
「手術してもだめだよ。整形外科は、骨だけしかみないから。人間の体は骨だけでなく、そのまわりについている筋肉も大事なんだ。」と。
そりゃそうだ。
私もそれは、ずっと、疑問に思っていました。



F先生は、
「筋肉の緊張で、体全体が硬直している。どこも指が入れる余裕がない。まず、この筋肉の緊張を少しづつ、といていくね。」

そうやって、少しづつ少しづつ、毎回、肩重点で、体全体を整えてくださいました。

ところが、大学病院でのリハビリを受けると、痛みがぶり返し、緊張がとれた筋肉がまたかたくなる・・・
(この頃、近くの病院に変わりたいと申し出たのですが、大学病院の医師はそれを許してくれず、仕方なく通っていました)
おかしいな?
やっぱり、あの理学療法士はだめかも?って思い、そのことをF先生に話しました。
「どおりでなんかおかしいなって思ってたんだよ。良くなるはずが、木曜日は必ず、悪くなってるんだもん・・」
そう、水曜日が大学病院。
月曜と木曜日がF先生に。
「一旦、大学病院でのリハビリ、やめようかな」とF先生に言うと、「そうしてくれる?」

で、大学病院はキャンセルして、F先生だけに絞りました。
そうしたら、症状が後退することもなくなりました。

大学病院は、いつなおるかわからないとも言われていたし、返って悪化するので、何も言わずにやめました。


今年の4月初め、10年ほど前に通っていたバレエ団のお友達、Mさんから、会いたいとの連絡が入り、会うことになりました。
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-29 17:04 | 体のこと

坐骨神経痛


年が明けて、2014年。
痛みだけでもとれてほしい・・・・ひたすら祈って、新年を迎えました。
相変わらず、肩の痛みは続いていました。

心配して、電話をくれたバレエの友人。
私のいつもの声と違って、あまりにも消耗しきった声だったので、びっくりしたようです。
(この頃、受話器を持つのが辛くて、スピーカーフォンにしていました)
自宅にお見舞いにきてくれた近所の仲良しさん、
「あの時の○○ちゃんは、本当に痛々しくて声をかけれなかった」と・・・。



何もできないので、ただ、ひたすら、横になっていました。
横になっていても、辛かったのですが、横になるしかなかった。

そうしたら、今度は、お尻が痛い???
お尻が痛くて、寝てられない・・・。
火傷をしたとき、ひりひりするでしょ?
あの感じです。
あの感じがお尻全体にあるんです。
時には、電気が走るようなビリビリっていう痛さ・・・

足も前以上にしびれるようになっていました。



大学病院では、「坐骨神経痛ですね。今度、MIRをとりましょう。
肩もいまいちだな~~。
もう少し、経過をみて、良くならなかったら、手術かな」

おいっ!手術だと?
あんな下手な理学療法士で、なんで良くなるんだよ!と心の中で呟いていました。
手術ときいて、帰りの電車の中で、「いやだいやだ~~~っ!」

私、30代の頃に2年半で切腹(開腹手術)を5回してるんです。
もう、手術はこりごり・・・・。
それに、整形外科っていうところは、すぐに手術をしたがる。
私の周りでも、整形外科に通って、良くならず、手術をした人が何人かいます。
手術をしても、良くなってない。
整形外科での手術だけは、嫌でした。

どこか、もっと良い治療をしてくれる人っていないのだろうか・・
あんなに、詐欺みたいなところにも行って懲りたはずなのに、、またしても、わらをもすがる思いで、あちこちの整体、カイロプラクティックをまわりました。

そういえば、こんな整体もありました。
初めて行った日、
私を見て、すぐに、
「あんたは、腎臓、心臓が悪い。死ぬとしたら、心臓病やな。」
おまけに、五十肩と坐骨神経痛で行ってるのに、
「んなもん、どうでもええねん!腐ったみかんが1個あるだけで、他のみかんが腐るやろ?
それと同じや!まず、腐ったところから治さんと!」
で、どんな施術かっていうと、ちょっと、体を触っただけで、
壁に向かってたたされ、屈伸運動・・・。
「これ、家でもやってや。これは、どこの先生もできひん秘術や。」
「1000回やで!」
やったよ・・・1000回。
しかも、この屈伸運動、膝と足の向きを逆にしてする。
やっていくうちに膝が痛くなる・・・


3日ほどやって、ふと、気が付いた。
これって、バレエでは絶対にダメって言われたこと。
膝と足の向きが逆になっていると、膝を痛めるからって。
あかんやん!
私もあほで、自分の膝が痛み始めて、気が付いた・・

おまけにここの先生、帰るとき、ハグしてくる・・・(--;
「ハグしていいか?」って言って・・・
「はあぁ?」って言ってる間もなく、ハグしてくる・・・

やめたよ!
おかしいもん!
3度ほど通って、気が付く私も私や・・・・><


病院以外は、ひきこもりだったので、痛みを我慢しながら、寝て、テレビを見ていました。
ドラマはCMばかりで、面白くない。
ついつい、テレビショッピングをみていました。
テレビショッピングは、健康食品や健康グッズ。
「これ、腰痛にはいいですよ~~」「私もこれで治りました」
「ふん!んなもの効くか!」と思いつつ、ずっとみてると、そのうち、MCの巧みな言葉に洗脳され・・・
健康グッズをどれだけ買ったか・・・^^;
けど、どれもこれも、こんなつくりでよくこの値段をとるな~ってものばかり。
数回試したけど、痛みは増すだけで、結局、きくはずもなく・・・むなしくそれらは、部屋の片隅に・・・。

今、通っている整体の先生に言わせると、
人それぞれ、同じ病名でも微妙に違うから、健康グッズはお勧めしない。
かえって、体を痛めるだけとのこと。

サプリや健康食品も、世の中に数多くあるけれど、
含有量は微々たるもの。
もし、そういうものを買うなら、医師のもとでしか販売されていないサプリをお勧めします。
同じ値段でも、含有量が全く違います。
健康食品で、健康になれるのだったら、医者が出してるわ(笑



お尻の痛みも日に日にまし・・・
座るのが怖くなってきました・・・
座るともっと、痛いんだもん・・・><
座るってこんなに痛いもんだっけ?

私の体、どうした???
あちこち、急にがたがきてしまった・・・
年をとるって、こういうこと?
この先、この痛みと付き合って、生きていくのか?

そういえば、昔、転勤先でよくしてくださった近所のおばあちゃん、
私に、「年をとったら、お金かかるんよ~~。」って。
「え?若い時のほうが化粧品や洋服やらで、お金かかるような気がするけど???」
今になって、しみじみとその言葉がわかる・・・

体力気力も失せ、そのうえにあちこち、がたがきて・・
お先真っ暗や・・・・

それにしても、なんで、こんなにお尻が痛いのさっ!
足もしびれ、肩はいまだ、痛みもひかず、上がらず、ほんと、辛かった・・・・
口に出る言葉は、「痛い痛い痛い・・・・」だけ。

でもね、ある日、ふと、こう思うことにしたんです。
昔、父が脳梗塞で倒れて、入院したとき、父は、頑張ってすぐにリハビリをして、歩けるようになった。
ところが、父より遅れて同じ脳梗塞で倒れた人、
リハビリを嫌がって、あれよあれよというまに、筋肉が委縮して、体も腕も足も九の字に曲がってしまった。
また、よくお年寄りの人がリハビリは辛いって言ってたのを見て、
あんな簡単な運動の何が辛いのだろうって思っていたけれど、こういうことだったのかと・・

よっしゃ!
なら、私も、これはこの先の予行演習としてとらえようって!
そうしたら、なんか、ちょっと、気持ちは楽になったのです。

肩とお尻は痛いけど、まだ、口と足は動かせる!
そう思ったら、元気も少しはでて、友達がかけてくれた電話に
「口と足は動かせるから、ひきこもりの私に、電話してきて!」とね♪

歩くと肩に響いて痛いけど、足は動かせるから、歩こうって!
外の空気を吸おう!って。

そうやって、自分を励まし、なるべく、外にでて、気分転換をはかりました。




ある日、ふと、鏡を全身でみました。
キャミソール1枚の姿で。

あれ?キャミソールが左にねじ曲がってる。
普通、ストンって落ちてるのが、左にねじ曲がってるのです。
何度、元にもどしても、ちょっと動くと、左にねじ曲がって落ちる。

それと、びっくりしたのは、左手と右手の長さが明らかに違う。
15センチくらい、左手が短い。
右肩も完全に下がってる。
おまけに、腰のあたりの肉、右はちゃんと腰のラインがあるけれど、
左は、パンツの上にたんこぶのように肉がのっかってる・・・・

この間、直してもらったメガネも、右に下がってる。
(ずっと、メガネが右に下がってるので、メガネがまがっていると思って、直してもらったのです)

歩くときもおかしくなっていました。
左腰が少し前にでて歩いてる・・・・
おまけに、前をまっすぐに向いて歩けない。
肩は前に丸まって、まっすぐ前を向けないのです。

筋肉が委縮してる???
そう、痛みの期間が長く動かせなかったので、筋肉が委縮してしまい、体が変形してしまったのでした・・・。
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-28 12:43 | 体のこと

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎 すなわち、五十肩。

俗に加齢や運動不足からおこる身体機能の低下が原因と言われているが、実際のところ、よくわかっていないのが現実。


思えば、去年の今頃から、腰の痛みに加え、
バーでレッスンしているとき、
左手でバーを持ち、腰から頭を下にしたとき、異様な痛みが左手に走っていました。
どこか、ひねったのかと思ったくらいで、腰の痛みのほうが強かったので、気にしていませんでした。

発表会が終わり、腰の治療に専念するために、鍼灸院へ。
しかし、一向によくなるどころか、鍼灸院で、うつぶせになった時、肩から左手を下に落としたとき、痛くてできなくなっていました。
それでも、気にしなかった私。
腰の痛みのほうが気になっていたからです。
ところが、どんどんと、腰の痛みよりも左肩の痛みが強くなってきました。
鍼灸院の先生に言ったら、五十肩とのこと。
すぐに、一番、痛みを強く感じる腕の付け根(前のほう)に鍼をうたれました。
と、飛び上がるような痛さ!
「ここが悪いのよ」と、鍼灸院の先生。
痛みをこらえて、日にちを変えて、何度か、そこに鍼をうたれること数回。
飛び上がるような痛みはまたしても・・・。
そのたびによくなるどころか、痛みが増す。
信頼していた先生ではありましたが、これは、少し、やばいと思い、整形外科へ。
整形外科に行った時は、もう、肩をあげれない状態でした。
整形外科では、またしても、レントゲン、そして、どのくらい肩があがらないか計測。
前に90度以下。
横も90度以下というより、斜めに90度以下。
後ろには全く、手はいかない。
「こんなにひどい五十肩も珍しいな」と先生。
「でも、必ず治るからね。僕も五十肩だったけれど、治ったから」と老紳士の先生。
とりあえず、注射をして経過をみましょう。とヒアルロン酸注射。
そのあと、理学療法士によるリハビリ。
理学療法士も、「すごいな、この肩・・・」と・・・・。
リハビリは痛くて痛くて、我慢できない。
もう、本当に涙目でした。

一か月ほど、整形外科に通っていたとき、
「一向によくならないね・・・」と先生。
「無理だわ・・・」と理学療法士。
この理学療法士の言葉で、私は、受付で、清算をするとき、思わず、泣きました・・・・。
この頃にすでに、ブラジャーをつけることはおろか、服の脱ぎ着も一人ではできない。
パンツのあげおろし、シャンプー、洗顔、なにもできなくなっていました。

そのうえに、歩いても痛い、夜も肩がベッドにあたると痛くて寝れない。
痛いから寝がえりもできない。本当に睡眠不足にもなりました。
自転車にも乗れなくなりました。
(ひじを曲げれないし、ブレーキをかける力もなかったのです)

そして、左肩だけでなく、とうとう、右肩も・・・。
まるで、両肩から腕をもぎとられた感じでした。

痛みを抑える坐薬、注射、飲み薬、なにも効きませんでした。

一番、ひどかったときは、お茶碗を左手で持とうとしたら、震えて力が入らず、落としました・・・。
続けさまにコップも落としました。
そのまま、震えは止まりませんでした。
右肩にもきていたので、思うようにお箸がもてませんでした。
お茶碗を落としたとき、家族がそれをみていて、目がテンになっていました。
それまで、五十肩なんか~って感じだったのです。
尋常じゃない私の姿に目がテンになったのです。

それ以降、家事は、母が、買い物は夫がしてくれるようになりました。
それまでは、痛みをこらえてやっていました。
買い物は辛かった・・・
スーパーで高いところの物はとれないし、目の前にあるものでも、手がまっすぐに伸ばせないので、ものをとるのが辛くて・・・
お財布をもてなくなっていたので、肩からかけるお財布バックを買いました。
左にバックがくるように肩にかけて、右手でお財布をあけるんだけれど、
こういう動作もつらかったです。
手で買い物袋をもつのは辛かったので、ショッピングカートを買いました。

ある時、ショッピングカートに買い物をしたものをいれようとしていたとき、
もたもたとしている私をみた店員さんが、手伝ってくれることもしばしば・・・。

普通、五十肩になったとき、炎症期というのがあって、それは、一か月くらいだそうです。
私は、4か月続きました。
24時間、何もしなくても、肩の激痛が絶え間なく続いているのです。
それが4か月間でした。
あの時の痛みは、今でも覚えています。
何もしなくても激痛が走っているので、ひたすら、背中を丸めて、激痛にこらえていました。
ただただ、ひたすら、こらえました。
この痛みだけでもとれたら・・・とどんなに思ったことか・・・。

整形外科の先生から、とうとう、大学病院を紹介されました。
自分のところでは、無理だと思われたのでしょう。
大学病院は御茶ノ水。
この痛みのある中、電車に乗って、行けというのか?
電車の中で、肩が触れないように満員電車を避けて、わらをもすがる思いで、大学病院に行きました。
大学病院でも同じことを言われました。
「ひどいな・・・」
幸い、大学病院でうってもらったステロイドの注射は、効きました。
痛みがほんの少しだけ、ひきました。
(ステロイドの注射、町医者ではうてなかったのかよー!たくっ!)
少しひいたところで、大学病院でのリハビリが始まりました。
ところが、大学病院でのリハビリを受けると、また、痛みが走る・・・・。
それに、たったの20分で終わり。
おまけに、10日に一回とか、ありえん!
リハビリを受ける前に医師の診察。診察といっても、リハビリに行く回覧をもらうだけ。
そのために、リハビリの予約の30分も前に来いとか!
大学病院っていうところは、本当にこうなのよね・・・(--;
理学療法士は首をかしげながらやるし・・・・。ありえんて!

ここじゃ、治らないわ・・・
半ばあきらめかけて、一人であちこちの整体、カイロプラクティック、接骨院、色々いったわ~~。
どんだけ、時間とお金を費やしただろ・・・・
八王子まで行ったことあるし・・・
八王子の整体、
「自宅でできる早く治す方法を教えましょう、これはある有名な先生が発案された方法です。
これを教えるには、入会金が必要となります。3万円です。どうされますか?」
「はぁ?3万?」
詐欺や~~~~!
「結構です!」って、速攻、帰ったわ!!!
1時間もかけて、痛みをこらえながら行ったのにーーっ!
人の弱みにつけこむ悪徳商法ってこういうのか!って思ったわ!

あれこれ、行ったけど、どこもかしこも、そういう商売か、癒し系かどちらか・・・
まともなとこってなかった。
しょうがないから、大学病院に通い続け、下手な理学療法士のリハビリを受けてました・・・。

年の瀬は、痛みをこらえる期間が長くて、体力も消耗していました。
ひたすら、来年は、痛みだけでもとれてほしいとそればかりを祈りました。
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-27 22:16 | 体のこと
ブログに書くか書くまいか、迷いましたが、
ブログを新しくした私の意識の変化がここにあるので、書くことにしました。




旧ブログの更新が止まったのは、2013年1月。
「今年は、笑ってすごす」と言いながら、笑っては過ごせない日々でした。
体調が悪くなる春くらいまで、私は、あることで悩んでいました。
悩んでいて、ブログが更新できませんでした。
今も、悩んでいます。
でも、きっと、いつか、それは、自分の心にストンと落ちるだろうと最近、思うようになりました。
それはいつなのかわかりませんが、
焦らず、待とうと思っています。

今回のことは、それとは別なので、今は詳しい内容は控えさせていただきます。
けれど、あの時、こうだった~って笑って言える日がくると思っています。

記しておきたかったのは、去年の春くらいから始まりました。

例年のごとく、バレエの発表会の申し込み。
なんとなく、いつもより、腰が痛いので、発表会に参加するかどうか、悩んでいたところ、
出るのが当然のごとく、先生から、「でるよね?」と。
調子が悪いといえず、そのまま、「はい」と・・・・・。


ところが、発表会のレッスンが始まると同時に、腰はものすごく痛み出しました。
通常のレッスンは、まだ、持ちこたえていたのですが、
発表会のレッスンとなると、レッスン量も違ってハードになるので、当然といえば当然でした。

以前にも、発表会のレッスンで腰が痛かったこともあったのですが、
なんとかなってきていたので、甘くみていました。

ところが、今回の痛みは、すごかった。
トウシューズを履いて立ったとたんに、腰に痛みが走るのです。
腰に痛みが走るのと同時に足もしびれだすのです。
いつもと違うので、整形外科に行きました。
レントゲンを撮ったところ、背骨はまっすぐすぎで、背骨の3番と4番が狭窄してるとのこと。
おまけに、首もストレートネックとのこと。


レントゲンで初めて、自分の骨を見て、唖然としました。
まっすぐになっていたのは、わかっていたけれど、ここまでとは、思ってもみなかったからです。

通常、人の背骨と首は、S字を描いています。
S字を描くことによって、クッションの役目を果たすわけで、
それがまっすぐだと、衝撃を和らげることができないばかりか、狭窄になってしまうとのことでした。
「バレエをやってる人に多いんだよね」とは医師の言葉。
続けて、「ストレートネックも背骨も狭窄も治らないです。これから、これ以上、悪化しないようにリハビリしましょう」
さらに、「もう、バレエは無理だから、やめなさい。」
「発表会があるんですが、なんとかならないでしょうか?」と問うと、
「本当にこれ以上続けると、悪化するよ?」と・・・。

医師からこういわれたものの、その時はすでに遅し。
舞台を降りれる状況ではありませんでした。
振り付けもメンバーも立ち位置も決まっていたからです。
それに、発表会まであと、1ヵ月という時でした。
気持ちは、舞台を降りたかったのですが
舞台を降りると、他の方に迷惑がかかると思ったのです。
それに、私だけでなく、膝の水を抜きながら、包帯をぐるぐると巻きつつ、舞台まではと頑張っている人もいたし、
怪我によって、ドクターストップがかかったのは、私だけではなく、あと2人いたからです。

だから、舞台まではなんとか、持ちこたえられるように痛み止めとシップをもらって、帰りました。
その他にも、困ったときに、ここぞというときに行く鍼灸院で、置き鍼をうってもらって、しのぎました。

しかし、それでもトゥシューズを履いてたったとたんに痛くて痛くて・・・・。
振り付けを頭と体で覚えたあとは、これ以上、レッスンすると、舞台までもたないと思い、先生に許しを得て、通常レッスンはやめて、発表会の合同レッスンだけに専念しました。



発表会まで、腰がもつかどうか、とても、不安でした。
発表会のレッスンが終わって、帰宅したら、もう、動けない状態の日々。
降りたい・・・・・・・・・・降りたい・・・・
そんな気持ちばかりでした。



そうやって、発表会の当日を迎えました。

友人たちもいつもの私ではないことを知っていたので、心配してくれていました。
私はとにかく、舞台さえ、無事に終わればいいと、痛み止めの飲み薬ととシップと注射で舞台に臨みました。
舞台は無事に終わりました。
最後のフィナーレのとき、いつもなら、感動で、興奮しているのですが、
この時ばかりは、「終わった・・・・」とほっとするのと同時に、
「舞台はこれが最後だな」とふと、心の中で思いました。

舞台そでから降りてくると、私のことをよく知っている友人が
「よくここまで頑張ったよ!」と抱きしめてくれました。
辛かった日々が思い出され、涙がどっと溢れ出ました。


暫くは、バレエを休んで、腰の治療に専念しよう。
先生にその旨を伝えて、バレエをお休みすることにしました。
去年の8月上旬のことでした。


腰の治療に専念しようと鍼灸院に通い出しました。
しかし、一向によくならない。
それどころか、今度は、左肩が痛み出しました。
五十肩でした。


長くなるので、続きはまた後日にします。
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-27 20:01 | 体のこと

箒で掃除を始めました

f0356001_14305878.jpg


最近、和雑貨のお店が増えている。

手ぬぐい、ざる、たわしやお櫃等々。

日本の文化が見直されてきているようだ。

箒もよく見かける。

この時代に、箒が果たして売れるのだろうか?

疑問に思い、ネットで検索したところ、箒は意外と売れてるようだ。

・  電気代がかからない。

・  掃除機と違って音がでないから、夜中でも掃除ができる。

・  掃除機は重いし、出すのも片づけるのも面倒だが、箒はさっと取り出しさっとしまえる。

・  江戸箒は、畳、フローリング、カーペットまで掃ける。

などなど、いいことづくめ。

そのうえ、箒がちびってきたら、穂先をはさみでカットすると、また、使える。

棕櫚の箒にいたっては、天然の油脂でフローリングが輝く。

棕櫚の箒は大事に使うと、20年もつ。

すごいな~~。

使ってみたいな~。

小さい頃、母が箒で掃いていたのを覚えてるけど、

いつの間にか、掃除機なるものが家にやってきて、箒は見なくなった。

箒でさらに検索してみると、

掃除機が壊れたついでに、箒に変え、それ以来、ずっと、箒で掃除している。

なんら、支障はない。

むしろ、箒に変えてよかったという声が多い。

箒について調べれば調べるほど、箒を使った人は、絶賛している。

ということで、金物屋さんへ直行。

2000円の箒を買ってきた。

玄関前の廊下、階段を掃いてみた。

面白い!楽しい!

掃除機では、ざっと掃いたあと、すみっこの掃除をするのに、ノズルを変えるのだが、

箒は、すみっこまで、きちんと掃ける。

フローリングも傷つかず、すごいほこりと髪の毛が・・・。

これなら、いつでも掃除したいと思ったとき、掃除ができる。なるほど・・・

玄関マットも箒で掃いてみた。

綺麗にほこりやごみがとれる。

かきだすという感じだろうか。

さらに調べていくと、箒は、掃除機と違い、腰をかがめることがないので、腰にも良いとのこと。

整体の先生にこの話をすると、

先生曰く、掃除機は、どうしても前かがみになるし、利き手だけを使うので、体にはよくない。

箒は、直立、両手で柄をもち、左右同じように使うから、体のひずみもこないとのこと。

しばらく、箒で掃除をしてみよう。

そして、本当に箒がよいと思ったら、良い箒を買いたいな・・・・

ちなみに、買った箒の箒草は、輸入もの。

国産品で、職人さんの手づくりによる最高級の箒は、なんと、5万円もする・・・・@@

これは、職人さんが減っているからとのこと。

けど、考えようによったら、いまどきの家電、値段によらず、すぐに壊れる。

5万もする箒を買おうとは、思わないけれど、色々考えると、箒はとても良い道具だと思う。


詳しくは、箒では有名だそうな、「白木屋傳兵衛」でどうぞ。

ここ、都内だから、のぞいてみたい。
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-25 19:27 |

垣根の向こう

今、歩くことを日課としている。

それは、整体の先生からもすすめられいる。

歩くことによって、体のひずみがリセットされるのだそうだ。

私のお散歩する街は、垣根があるお家が多い。

全く見えない垣根は、気にならないけれど、

樹木の隙間からちらっと見えるお庭は、のぞきたくなる(笑

ちらっと見える垣根の向こうで、意外な発見をすることがある。

今日はそれをカメラに収めに・・・・。

ただし、よそ様のおうちをカメラに収めるのって、

「何撮ってるんだ~~っ!」って怒られそうで、なんとなく、怖い・・・^^;

普通にカメラに撮ってる人、結構、みかけるんだけどね^^;

先日、お散歩をしていて、見つけたもの・・・・

f0356001_1111532.jpg


井戸。

ここいらへんは、古いお家が多いので、井戸のあるお宅が多い。

懐かしいな~。

幼少期の頃は、井戸のある風景は当たり前で、

夏は、ここで、よく遊んだものだった。





f0356001_1125198.jpg

なんとも風情のあるお宅。

うちのわんこ、時々、脱走して、ここのお家の庭に入ってでてこない・・(笑

垣根越しに見えるお庭は、四季折々の花がさき、情緒豊かなのだ。

先月まで、あやめ?菖蒲?が咲いていた。



f0356001_11144524.jpg

そして、このお宅には大きな大きな桜の木が2本もある。

桜が咲く頃は、カメラを持った人が集まる。

この写真の右側のおうちには、見事な大きさの紫色のアジサイが見える。

垣根越しに見えるアジサイは、なんとも、綺麗で・・・・

カメラに収めたけど・・・・・

f0356001_11165592.jpg




アカン・・・><

垣根に近づいて撮りたいなっておもったけれど、やっぱり、怖くって・・・・^^;



ちなみに、この日、カモフラージュするために、

「わんこを連れてのお散歩ですよ~~、そのついでにカメラで~~っ」て感じで

わんこを連れて行った(笑

途中で、わんこのお散歩で歩いていた人とでくわし、パチリ。

f0356001_11203159.jpg




この日、お昼から、東京はヒョウが降ったらしい。
落雷もすごかったって。
母は、窓ガラスが割れるんじゃないかって、はらはらしてたって。

わんこは、怯えて、震えてたって。

私は、音にも気づかず、爆睡してた・・・・(笑
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-24 21:50 | お散歩記録

私流、キッチンのお掃除

「キッチンシンクは、どの洗剤を使ってるの?」との質問に、

今日は、私流のキッチンのお掃除の仕方をブログにアップします。

丁度、この日は、天ぷらをした日です。

f0356001_882093.jpg


洗いものだけ、済ませ、さて、これからです。

写真には写ってないけれど、レンジ回りは油が飛び散っています。

f0356001_8111017.jpg

レンジの五徳をすべて外して、洗剤を吹き付けます。

f0356001_8123383.jpg

今、使っているのは、無印良品のアルカリ電解水。

1%の重曹が入っています。

すぐの油汚れなら、これで、十分。

五徳に吹き付けたら、油が浮いてくるまで、時間をおく為、次に入ります。

f0356001_8153186.jpg


食器用洗剤をスポンジにつけて、レンジ、レンジ回りの壁、すべて、ゴシゴシ。

f0356001_8163025.jpg


続けて、シンク。

シンク、人工大理石の配膳台、蛇口、スポンジ受け、全て、ゴシゴシ。

洗剤でゴシゴシしたら、レンジとレンジ回りの壁、配膳台は、何度か、台ふきで洗剤分をふいてとり、

シンクは水で流します。

その頃には、五徳についた汚れも浮き上がってるので、五徳を綺麗にし、元にもどし、

洗った食器をふいて棚にもどして終わりです。

食器は、最後のすすぎはお湯ですすぐので、ここまで来る頃には、

ほとんど、乾いています。

お湯ですすぐので、水垢もつきにくいです。


f0356001_821554.jpg


f0356001_96137.jpg

ざっと、この作業は30分くらい。

油があまり飛ばない料理のときは、ここまでしません。

アルカリ電解水をレンジ回りに吹き付けて、台ふきで吹きあげて終わらせます。

アルカリ電解水、便利です。

以前は、マジックリンを使っていましたが、

アルカリ電解水は、キッチン回りのほか、冷蔵庫、レンジ、家の中のどこでも使えるので、

こればかりになりました。

キッチンに常時、おいているのは金だわし、たわし、スポンジ。

たわしの良さ、最近、見直しています。

f0356001_8362613.jpg


五徳にこびりついた焦げがどうしても落ちないときは、スーパーで手に入る「ボンスター」

焦げ付きには、これが一番、よく落ちるような気がします。

ただし、使ったあと、そのままにしておくと、すぐに錆びがくるのが難点。

だから、使う分だけ、はさみで切って、使い捨てにしています。

台ふきは、マイクロファイバークロス。

10枚で300円ほどです。

簡単な汚れなら、マイクロファイバー繊維のおかげで、洗剤なしで落ちるので、重宝しています。



以前、私がキッチンのお掃除をしているのを、姑がみていたとき、

「あんた、ここまでやるの?!」とびっくりされたことが・・・(笑

私としては、これが当たり前だったので、びっくりすることのほうがびっくりしたんだけど?(笑




最後に、洗い桶のお話。

f0356001_8385082.jpg


このステンレスの洗い桶、今年で32年目を迎えました。

結婚してすぐに買ったキッチン道具です。

当時、2500円。

あの頃のお給料で2500円は、とても高いものでした。

けど、毎日、使うものだから、良いものをと思い、購入しました。

毎日毎日、しかも、キッチンだから、突然の衝撃や、また、ある時は、熱湯をかけられたり・・・(笑

一日の終わりは、この洗い桶だけは、きちんと磨きます。

32年も使ってきたから、細かい傷がたくさんついていますが、

結婚記念日を迎えるたびに、一緒に歩んできたこの洗い桶を買ったときのことを思い出します。

当時、2500円は私にとっては、高い買い物でしたが、

結局、年数で割ると、100円もしない。

いまだに、これ以上、安いものはない、良い買い物をしたなと思います。

おそらく、これからも、この先、ずっと、使い続けると思います。

f0356001_8501019.jpg

[PR]
by slowlylifee | 2014-06-24 09:17 |
f0356001_21434144.jpg


数か月前から、毎月、楽しみにしている雑誌、「大人のおしゃれ手帖」。

今月号に載っていたお料理。

たらこの保存方法として載っていますが、とっても美味しかったので、紹介させていただきます。

----------------------------------------------------------------------

保存容器にたらこを入れ、たらこがひたひたになるくらいまで
オリーブオイルを注ぎ、
レモンの輪切りを乗せて、保存する。

これで、日持ちしないたらこも2週間保存できるとのこと。

※ 本には、たらこは熱湯にさっとくぐらせるとありましたが、
  私は、そこ、読んでなくて、そのまま使用^^;

------------------------------------------------------------------------

たらことレモンの相性は、わかっていたけれど、

オリーブオイルに漬けたたらこの味は「?」だったので、

興味をひかれて、作ってみました。

オリーブオイルに漬けてから、待ちきれずに1日おいたところで・・・。

抜群に美味しい!!!

スーパーで買ってくるたらこが一段、上の味に!!!

油ぽくもなく、ご飯の上にのっけて、いつものように食べても、違和感なし!

夫も大絶賛しておりました。

我が家の定番に決定です。
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-22 21:54 | 食---魚 肉

ヨガマットの使い道

今、バレエができない状態で、
病院と日常のお買い物以外は、家にずっといる私。

元気になってくると同時に、家の中のことが目につく。

元々、おうちが好きで、こまごまと整理整頓をするのが好き。

先日は、買ったものの使わずにいたヨガマット、ふと、思いつき、こういう風に使ってみた。

f0356001_9142152.jpg

キッチンシンク下の引き出しに敷いてみた。

今までは、汚れ防止に新聞紙や段ボールを敷いていたが、

引き出しを開けるたびになんだかね~~(笑

誰も見ないし、いいっちゃいいんだけどね~~(笑

それに、新聞紙や段ボールは、

引き出しを開けるたびに、お鍋が滑って音がする。

ヨガマットを敷いたところ、マットの性質上、お鍋が滑らず、音がしない。

いいじゃ~~ん(笑

我ながら、思いつきのいいことに満足満足(笑


ちなみに、奥にお鍋とフライパンを立てているものは、

無印良品のこれ  ↓

f0356001_843334.jpg

                    (画像はお借りしてきました)

スチロール仕切りスタンド(税込 893円)

お鍋を立てて収納するグッズはあるけれど、5000円以上もして高い。

この仕切りスタンド、色々使えて、私は重宝している。

f0356001_848245.jpg

同じシンク下の引き出しに、大皿を立てて。

それまでは、お皿を積み重ねて収納していたが、

下のお皿を取り出すときに、大変で・・・。

これだと、ワンアクションで取り出せるから、楽なのだ~!(^^)!
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-21 08:50 |