基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

2016年 06月 27日 ( 1 )

スタバで一息ついた後は、
富岩水上ライン(ふがんすいじょうライン)に乗船しました。

f0356001_21283201.jpg
この船に乗って、運河を下り、富山湾にまで出ます。
約1時間のクルージングです。

f0356001_21285339.jpg


富岩運河は、神通川に平行して建設された、富山港と富山駅北を結ぶ、全長5.1キロの運河です。
富岩運河環水公園から中島閘門(なかじまこうもん)までの両側には遊歩道が設けられていて、
ウォーキングやジョギングにも利用されているそうで、
運河からみる遊歩道は緑豊かで気持ちが良かったです。
また、水の上って涼しいのね~~♪



f0356001_21291183.jpg





そして、この水上ラインの目玉は、なんといっても、
「水のエレベータ」と言われる中島閘門(なかじまこうもん)です。

f0356001_21293073.jpg

水のエレベータ?と思うでしょ?
以下、引用です。
中島閘門は、富岩運河の建設にあわせて、昭和9年(1934年)に造られました。
運河のおおよそ中央となる地点に設置され、
水位差を二対の扉で調節するパ ナマ運河方式(前後のゲートを交互に開閉することで水位の異なる水面を調整)の閘門で、
中世から近代のヨーロッパで発達した水運技術を取り入れています。
平成10年(1998年)には「昭和初期の土木技術の完成度の高さを示すもの」として高く評価され、
昭和の土木構造物として全国で初めて、国指定重要文化財に指定されました。
中島閘門での水位調整は、まさに「水のエレベーター」。高低差2.5mもの迫力ある「水のエレベーター」を体験できるのは日本ではここだけです。

それがどのようになっているかは、詳しくはこちら  → 中島閘門

初めて見る閘門、たったの5分ほどで、水位が下がっていきます。
面白かった~~~(^◇^)



閘門を抜けて暫くすると、富山湾にでました。

f0356001_21295228.jpg

富山湾をでて、右に曲がると、岩瀬運河です。

岩瀬運河の先にある、岩瀬浜で私たちは降りました。



いや~~、富山って、見どころがいっぱいあって、楽しい~~♪



続きます。
[PR]
by slowlylifee | 2016-06-27 22:50 | 旅行