基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

MEC食と旅行

さて、旅行といえば、その土地での食事も楽しみのひとつです。
ご存知のとおり、私は、MEC食をしています。
普段は、肉、卵、チーズがほとんどで、炭水化物、糖質は,ほとんど、摂っていません。
旅行中は、どうしていたのかというと・・・
そこは、やっぱり、旅行~~(^◇^)
軽井沢は、美味しいものもいっぱいです。
友達は、私の肌がどんどんと綺麗になり、元気になっていく様をみて、ゆるゆるですが、MEC食を実行しはじめました。
でも、旅行は旅行。
お友達と、普段のことは忘れて、旅行中は、しっかりと、美味しいものを食べようね~と♪

着いた一日目のお昼は、万平ホテルで和牛のハンバーグステーキと、昭和50年のレシピで作ったプリンをオーダー。
パンも出たのですが、ハンバーグをゆっくり噛み噛みした段階でおなか一杯。
パンは食べずじまいでした。
プリンは食べたけどね(笑)


f0356001_19304884.jpg
夜は、別荘で赤ワインを片手にすき焼きを。
デザートに、軽井沢で有名で美味しいバタークリームのケーキがあったのですが、すき焼きだけでおなか一杯になり、
それは、翌日の朝食として頂きました。

二日目のお昼は、これまた、友達が美味しいというカレー屋さんで、
ひよこまめとチキンのカレーの2種盛とナン、そして、デザート。


f0356001_19333580.jpg
こちらのナンがとっても美味しかった!
しかし、カレーを食べると、やはり、おなかがいっぱいになり、ほとんど、ナンは食べれませんでした。

夜は、東京に戻る前に、軽井沢の和風レストランで、アラカルトで色々なものを頂きました。

ほんと、この2日間は、MEC食は意識せずに美味しいものを頂こうと思っていたのですが、
すっかりと、MEC食が習慣になっているせいか、お蕎麦とかお米とかそういうものは、食べたいと思いませんでした。
結局、少しのケーキやら根菜類は頂いたけれど、MEC食に近かったかな~?


ただ、朝食にケーキを食べた後、すぐにおなかがすきました。

夫も、先日、昼食にパスタを食べたそうです。
たっぷりとパスタを食べたのに、すぐにおなかがすいたそうです。
そしてその後、眠くなったとのこと。

やっぱり、炭水化物はすぐにおなかがすいてしまいます。
そして、おなかのすき方が違う。
MEC食をしている時は、おなかがすいても、すいた~って感じではなく、我慢できるすき方なのです。
が、炭水化物を食べたあとのおなかのすき方は、我慢できない。
すぐに何かを食べないとイライラってするあのすき方なんですよね。


東京に戻ってきて、体重がふえているのを覚悟していました。
が!
体重は変化なし~♪

MEC食、糖質制限をしっかり3か月もやっていると、少々、炭水化物をとったとしても、そうそうには、変わらないとどこかのサイトでも読んだとおりでした。
夫がパスタを食べた翌日は、1キロ増えていたそうですが、それも、一日ですぐに戻ったそうです。

もし、炭水化物を食べて体重が増えたとしても、すぐにいつもどおりの食生活にすれば、大丈夫なんだということがわかりました。





最後に、カレーを食べたお店、とても、可愛いお店でした。


f0356001_19461607.jpg


f0356001_19463131.jpg


軽井沢へ出発する日は、朝6時に起きて、9時には家を出、帰宅したのは、翌日の10時半くらい。
楽しい旅でした。
しかし、旅は疲れるもの。
というはずですが・・・
MEC食をしている私は、やっぱり、ほとんど、疲れない~~♪
一日寝たら、疲れもとれていて、次の朝から、ボランティア活動にも参加してきましたよ^^




以上で、旅行記は終わりです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。


今回、軽井沢の別荘に招待してくれたお友達、
別れ際に、
「来年、桜が咲くころ、今度は、熱海の別荘に来てね~~♪」
ひぇ~~~~~~っ!
熱海にも別荘あんのかい!!!(--;




MEC食って何?という方のために・・・









[PR]
by slowlylifee | 2016-11-13 21:36 | MEC食