基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

キッチンがここまで片付いた理由

先日、我が家のキッチンを見たお友達、
「どうしてここまで、整理できたの?」と聞いてきました。
それは、一言で言うなら徹底的に、物を見直して、不要なものを処分したからなのですが・・・
もう少し、詳しく話すと、このようになります。

例えば、
使っていない食器、気に入らない食器は、即、処分。
これだけでも、かなり物が減ります。
もしかしたら、今後使うかもしれない?と考えるかもですが、
今まで使っていなかったのだから、使うわけがありません。
気に入らない食器も同様です。

鍋も同じ。
使う鍋は、大体、決まっています。
なのに、結構、多い。
これも、潔く処分すると、キッチンのスペースはかなり空きます。
圧力鍋、私は、今回の断捨離で処分しました。
なぜなら、あまり、使わないからです。
あると便利ですが、元々、急いで料理しなければならないことなど、ほとんどないし、
どちらかというと、普通のお鍋でことことと煮る時間が楽しいと思えるので、潔く処分しました。

物を処分する場合、今の自分の生活スタイルを考えることが大事と思います。
生活スタイルにあってない物は、結局は使いません。
買った時は、使おうと思って購入しているのですが、生活スタイルに沿ってない場合は、使わなくなってしまう場合が多々あることに気付きました。



キッチンって、形や大きさ、素材の違いなど、かなり、こまごまとしたものがあります。
このアルミカップ、5年ほど前、夫がお弁当をもって行くと行った時、買ったものです。
それ以来、使うことなく、またいつか使うかもと思って、とっていました。
が、やはり、そういうことはありません。
もし、使うことがきたら、その時、買えばいいので、処分しました。
勿体ないと思ってとっておいても、こんな小さなものでも、その分のスペースがいるわけで、
活用されない物のためにスペースをとることのほうが、勿体ないと私は思います。


f0356001_20342847.jpg
缶オープナーと缶切りです。
便利だなと思って、数年前に買ったものです。
が!
缶が開けれないってこと、ほとんどない~~。
開けれない時、これを使ったこともありましたが、面倒くさい。
夫にやってもらったほうが早かった。
もしくは、缶の部分を湯であっためて開けたほうが早かった(笑

缶切りも、ギザギザがつかなく手をあやまって切らない缶切りですが、
今の時代、プルトップ缶になっているので、使うことなし(笑
なので、処分しました。
この二つで5000円もしたのに、勿体ない・・・・
が、勿体ないと思って置いておく方が、スペースが勿体ない。

今、便利品はたくさんあります。
しかし、便利品と呼ばれるもの、これも、使わなければ、便利でもなんでもない。
そう感じた私、むやみやたらと便利品に飛びつかなくなりました。

むしろ、不便なほうがいいのかもしれない。
そういう時の方が、知恵も働くというものです。
そういう知恵は、身に付きます。
身についた知恵は、自分の宝です。
f0356001_20375251.jpg
ビタニオンのワッフルメーカーです。
買った当初は楽しくて、よく使っていたけれど・・・・
しかも、使ったのは、ワッフルの型だけ。
他の型は、一回も使ったことがありませんでした。
なので、これは、近所のお子さんがいるおうちに差し上げました(笑

f0356001_20440693.jpg
スパイス類。
こういうもの、たくさんありませんか?
私は、スパイスを上手に使えません。
スパイスが上手に使えるようになろうと頑張った時もありましたが・・・長くは続かなかった(^^;
この先も、きっと、同じだと思います。
なので、本当に使う頻度の高いものは置いておいて、あとは、処分。
また、賞味期限が知らないうちに切れたものも処分しました。
むかって、右側が賞味期限が切れて、処分したものです。
写真に写っていないものも結構ありましたが、使わないので、処分しました。

f0356001_20465736.jpg
他に、代用できるものも、処分しました。
特に、お菓子やパンを作る時の道具。
これが、すごく多かった。
20代の頃、ケーキを作るのが大好きで、その道具類は、大きな段ボール箱に2箱ほどありました。
ケーキ作りに凝っていたので、プロが使うような道具もありました。
が、それもここ20年は、全く使っていません。
なので、段ボールごと、処分!
ただ、パンは今、2日に一度は焼いています。
そのパンを焼く道具も、結構、かさばります。
でもね、misyaちゃんが、琺瑯の保存容器で焼いているのをみて、あ!って思ったのです。
わざわざ、パン専用の型でなくても、琺瑯の保存容器で焼けばいいんだわって!

f0356001_20530215.jpg
丁度、本についていた型、使い過ぎなのか、型離れが悪くなってきて、ひっつくように・・・。
試しに、琺瑯の保存容器で焼いたら、これがすごく型離れがよくてびっくり!
f0356001_20545998.jpg
いいことを教えてもらいました。
盲点だったわ~。
misyaちゃん、ありがとうね~♪
琺瑯の保存容器、保存だけでなくて、オーブンにも使えるっていうこと、すっかりと忘れていました。
わざわざ、かさばる型を持っているより、代用できるものは代用したほうが、収納場所にも困らないというもの。
なので、パンの型も、処分しました(笑)

ただし、色んなパンの成形を楽しむ人は別です。
私みたいにちぎりパンしか作らない人に限ります(笑

そんなこんなで、
使わないもの、気に入らないもの、調味料などの賞味期限が切れているもの、代用できるものと、物に対して、一つ一つ、じっくりと向き合ってみると、
いかに、無駄なものが多かったのかと考えさせられました。
何でもお金を出せば手に入る時代。
考えもなしに買っていた自分を猛反省しました。
そして、それらが、キッチンのほとんどを占めていたということに気がつかされました。
また、物に対して、本当に大事に使おうという気がないから、こういう結果を生んだことに反省しました。

まずは、時間がある時に、
キッチンの一つの引き出しから、始めてみませんか?
そして、見直してみませんか?
要はそこから、断捨離は始まると思います。




[PR]
by slowlylifee | 2015-12-12 21:01 | 衣・住