基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

冷めてもサクサク!一口トンカツ ツクレポ~♪

先日、テレビを観ていた時のこと。
テレビ番組の名前は覚えてないですが(最近、テレビ番組名を覚えられない)、
家事えもんさんもびっくりのレシピ。

その名も、「冷めてもサクサク!一口トンカツ」

f0356001_17102079.jpg

豚小間切れ肉と豆腐を合わせてカツにする。→ だから、経済的でしかも、ふわふわ。
冷めてもサクサクな理由は、衣に秘密があり。

早速、作ってみました。

レシピは下記のとおりです。(コピペです)

冷めてもサクサク!一口豚カツの材料(2人分・ミニサイズ6個)

  • 豚こま切れ肉(100g)
  • 木綿豆腐(150g)
  • 塩(少々)
  • パン粉(50g)
  • 小麦粉(大さじ2)
  • 片栗粉(大さじ1)
  • 酢(大さじ1/2)
  • 水(大さじ2)

冷めてもサクサク!一口豚カツの作り方

  1. まず木綿豆腐をキッチンペーパーでくるんで、しっかりと水分を取ってボウルに入れます。
  2. そこに豚こま切れ肉を調理バサミで一口サイズに切りながら入れます。※小さく切りすぎないように、でも大きさは適当で。
  3. そして塩を入れ、豚肉と豆腐をぐちゃぐちゃに混ぜ合わせてタネの出来上がり。
  4. 別のボウルに、小麦粉、片栗粉、酢、水を入れて混ぜ合わせて衣を作ります。※お酢を入れるとグルテンの生成を抑えて衣がサクサクに!
  5. タネを一口サイズに成形し、衣とパン粉をまぶします。
  6. そして油で揚げていきますが、中火でかつ油が低温の状態から入れてじっくりと挙げていきます。※酢の効果で低温でもべっちゃりせず、お肉も柔らかく仕上がります!
  7. 衣が全体的にキツネ色になったら火力を上げて強火に。そして豚カツを持ち上げた時にブブブと振動がきたら完成!!


先ず、豚肉とお豆腐、混ざるのかな?と思いきや・・・
コネコネしていたら、このように綺麗に混ざりました。
f0356001_17145864.jpg
パン粉をつける前の粉は、天ぷら粉を代用。
天ぷら粉には、片栗粉が入ってるから。
酢を入れる理由は、下記のとおりです。

小麦粉に含まれるタンパク質の一種「グルテン」は、衣の中に膜を作り、水分を内側に閉じ込める性質があります。
これが、時間が経った揚げ物が、ベチャっとする原因です。

でも酢には、そんな「グルテン」の結合を切断し、膜を作らせない働きがあります。
だから衣が、サクサクに仕上がるというわけです。
ちなみに、酢の味とにおいは、揚げた時に飛んでしまいます。


f0356001_17195536.jpg

低温で揚げる理由は、「料理の新常識」でも教わっていたので、これは、もう、普段からやっていて、身についていること。

肉にいきなり、高温の熱を加えると、肉のたんぱく質がぎゅっとかたまるんですよね~。

だから、かたくなるのです。

お肉を焼くときは、低温でじっくりと!が肉が縮まず、美味しく焼けるコツです♪



これ、本当に冷めてもサクサク!

一口、口に入れた瞬間、ふわっふわで美味しい!

お豆腐が入っているなんて、想像もできませんでした。


考えた人、偉いな~~(主婦の方ですが、名前覚えてない^^;)


ちなみに私、これに甘味噌をかけて、名古屋の味噌カツ風に食べました。

f0356001_17275485.jpg



コメントはお好きな方にどうぞ♪

新コメント欄



[PR]
by slowlylifee | 2015-11-17 23:57 | 食---魚 肉 卵