基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

ハンバーグをこねる時は、砂糖を用意

f0356001_21090528.jpg
番組名を忘れましたが、
先日、テレビで、ハンバーグをこねた後の手の平のベトベト。
洗剤ではなかなか、するりとそのベタベタがとれない。
その対処法として、砂糖を手の平につけてこすると、ベトベトがとれる。
というものでした。

ハンバーグをこねた後では、砂糖をとりだしにくいので、是非、ハンバーグをこねる前に砂糖を用意することが大事とも。

丁度、今日は、ハンバーグを作るので、それを思い出してやってみました。

ベトベトした手のひらに砂糖をつけて、こすり、水で流すと、するりとベトベトがとれました。
その後、洗剤で手を洗うと、完璧!

なお、塩ではこうはいきません。
理由としては、砂糖は水と油を乳化する性質があるからとか。
是非、やってみてください。




さて、ハンバーグ、いつもは、ひき肉、炒めた玉ねぎ、卵、牛乳に浸したパン粉を一緒に混ぜていたのですが・・
これもまた、テレビで観たこと。
餃子の種を作るとき、一般の主婦は、材料を全部あわせてからこねる。
ところが、プロは、ひき肉に味をつけ、こねてから、野菜を入れると、野菜から水もでずに、焼きあがった時にジューシーに仕上がる。

ハンバーグも同じことと思い、
ひき肉に味付けをしてから、他の材料を入れてこねました。

その作業を朝にして、一旦、冷蔵庫に。
夕飯を作る前に冷蔵庫から出してみたら・・・

f0356001_21155773.jpg
いつもなら、数時間たっていると、水が出ているのに、全く、でていない。
やっぱり、この方法が正しいのだと思いました。

f0356001_21323852.jpg
そして、焼きあがったハンバーグも、いつもよりもジューシーでふっくら。
プロのちょっとした技ってすごいですね。
私が知らなかっただけ?(^^;


f0356001_21211200.jpg
付け合わせのポテトには、燻製塩をふりました。
ポテトに燻製塩、美味しい~♪



テフロンのフライパンの寿命がきたので、
前々から気になっていたフライパンに買い替えました。
無印良品です。

f0356001_21250219.jpg
ジルコニア両面塗装になっていて、軽いです。

f0356001_21305348.jpg
厚みもそこそこあり、なんていったって、この黒光りしている姿が恰好いい!
果たして、どのくらい持つのかそこが疑問ですが・・・




それにしても、毎日、暑すぎる・・・・。
今日、レッスンに行った時、お友達が、暑い国の人が昼寝をする習慣や約束の時間にルーズなのがわかる気がすると言いました。
確かに・・・。
暑すぎると、ぐったりするもんね。

最近、行動がめっちゃ、遅い~~。
おまけに、物忘れがひどくなってる・・・(--;
どうやら、脳みそがとけてるようです(笑






ブログに訪問してくださって、ありがとう~♪
また、遊びに来てね~~(^^)/

お手数ですが、
Ctrlを押しながら、ポチポチっと2つ、応援、お願いします。
↓ ↓ ↓

コメントはお好きな方にどうぞ♪

新コメント欄



[PR]
by slowlylifee | 2015-07-20 23:10 | 食---魚 肉 卵