基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

ココナッツオイル体験記 #2

はじめは、ココナッツオイルを毎日、大匙2杯から摂ること。
これが、ココナッツオイルの適した摂り方です。

なぜなら、ココナッツオイルを摂取することによって、腸の運動が活発になり、
人によっては、ゆるくなる人がいるからです。


私は、結構、便秘症です。
バイタミックスで毎日、ジュースを摂ってる時は、良かったんだけれど、
寒い時期にジュースはどうしても・・・・(^^;

でも、ココナッツオイルを摂取するようになって、ただちにそれは、解消されました。
それは、なぜか?
肥満の原因の一つに、腸から栄養分が吸収されずに基礎代謝が落ちているということがあげられます。
この原因の一つが、食品添加物です。
食品添加物に含まれる化合物が、小腸内の絨毛にへばりつき、小腸の動きを鈍くしていると同時に
宿便としてたまってしまいます。
ココナッツオイルは、その小腸の絨毛に浸透し、化合物や汚れを排除してくれる働きがあるということです。
そして、小腸が活発化し、便秘解消、しいては、代謝のアップにつながるということらしいです。

いわば、デトックスの働きがあるんですね。
女性にとっては、嬉しいことの一つです。

だから、私もすぐに効果が見えたのだと思います。
ココナッツオイルを朝と昼に大匙1杯ずつとったところ、次の日、すごかった!(笑

また、私の体感としては、ココナッツオイルをとると、はらもちがすごくいいというのを感じます。
朝食の時間は、8時。
バタートーストと珈琲のみ。
午前11時には、おなかがすいてたまりませんでした。

しかし、バターをココナッツオイルに変えてからは、11時になってもおなかがすかなくなりました。

ココナッツオイルを摂取するまでは、
お昼ごはんを食べたあとも、甘いものが欲しくて、ケーキやおまんじゅうを食べていました。
夕飯が終わったあとも、また、ケーキやおまんじゅう・・・

舞台にむけて、ダイエットしなきゃならないのに、どうしても、甘いものがやめられない。

ココナッツオイルを摂取すると、それが減少しました。
不思議と甘いものを欲しくならなくなりました。
本当にダイエットをするなら、ココナッツオイルを摂取しながら、糖質(甘いものやご飯、麺類、パン類)を控えると、さらに効果的だそうです。
が、私は、そういうことは気にせず、10日間を過ごしました。
そうしたら、体重が500g減りました。
なんだ~、たったの500gか~って思わないでね。
私くらいの年齢になると、悲しいかな、本格的にダイエットしようがこの500gが減らない!!!
なのに、普段通りの生活をしながら、500g自然と減ったのです。

これは、なぜか。
詳しくはこちらをみてね☆ → 飲むオイル 体内脂肪を溶かして痩せる

これに気をよくした私。
もっと、手軽にそして、美味しくココナッツオイルを摂取する方法はないかと考えました。

調べてみるとありました!
それがこれ♪

f0356001_00331710.jpg
ココナッツオイルでチョコレートを作りました。
参考にしたのは、こちら→ ココナッツオイルとココアで作るローチョコレートレシピ
私は、100均で小さなアルミ箔の容器を買ってきて、それに流し込み、小さいサイズのものを作りました。

そして、今、朝食にカップスープにココナッツオイルを小匙1杯。
その後に、このチョコレートを1個を食べて終わりです。
これだけで、十分、おなかが膨れちゃうのです。

また、お昼ご飯のあとにもこのチョコレートを1つ。

こうやって摂取していくうちに、甘いものが欲しくならなくなりました。
何かつまみたいなと思っても、今迄なら、即座に甘いものでしたが、
最近は、野菜を欲するようになっています。

これは、体がケトン体質に傾いている証拠だと思います。

長くなるので、続きはまた・・・・


f0356001_23041113.jpg


今日もブログに訪問してくださって、ありがとう~♪
また、遊びに来てね~~(^^)/


お手数ですが、
Ctrlを押しながら、ポチポチっと2つ、応援、お願いします。
よろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓



[PR]
by slowlylifee | 2015-02-08 23:05 | 食---ココナッツオイル