基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

ゆで卵は蒸して作る

f0356001_19444054.jpg

最近、私は、ゆで卵を作るときは、蒸し器で蒸して作るようになりました。

その最大のメリットは、
① 卵が割れない。
② 蒸し時間はたったの5分だけ。
③ 粗熱がとれた段階で、するするっと殻が綺麗にむけること。

です。

今までは、卵のからを綺麗にむくために、卵をゆでる前に、卵のからに穴をあけていました → 過去ログ

この方法でもいいんだけれど、結構、これも面倒(笑
けど、蒸して卵をゆでるだけでするするって卵の殻がむけちゃうのです。

f0356001_19231513.jpg
5分蒸したら、火をとめて、そのまま蒸し器の中で、粗熱がとれるまで放置。
粗熱が取れたら、殻をむきます。
それだけで、綺麗に卵の殻がむけるのです。

卵と卵が湯の中でぶつかって割れるという心配もありません。

興味のあるかたは、やってみてね♪
この方法のほうが、断然に楽!(^◇^)

なお、蒸し器に卵を入れるときは、卵の下に、キッチンペーパーを敷いてね。
そうすると、卵が勝手に転がることがないから。

蒸し器のない人は、蓋のできるお鍋に、お水を鍋底1センチくらいのお水をはってやってください。





f0356001_11055603.png



f0356001_21283214.jpg
半月ほど前に、駅ビルの中で青森ヒバの工芸品の催事がありました。

その中で、目に留まったのが、このお箸。
とっても軽いんです。
しかも、お醤油がしみ込まない。
滑らないから、麺類に適してるということで、購入。

ひばは、耐湿性に優れ、軽くて丈夫、優れた抗菌作用(抗菌作用は檜より優れているんだそう)があり、
弘前城や、青森県津軽富士見湖にかかる、日本一ながい木の橋に使われているそうです。
また、総青森ヒバ造りの家には3年間は蚊が入らないそうです。
すごいね!
こんな家に住みたい!(夏になると、私は蚊に刺されやすい体質で、外出の時もムヒは必需品)
歯をも溶かす日本一の強酸性泉「玉川温泉」の浴槽も青森ひば製だそうです。

木曽ヒノキと秋田杉は知ってたけれど、青森ひばがこんなに優れているなんて、知らなかった~~@@

購入してから、半月がたちますが、いまだ、ひばのいい香りがします。

専ら、このお箸が気に入って、こればかりを使うようになりました。

お値段もお財布に優しい一膳350円でした♪


今日も訪問してくださって、ありがとう~♪

ランキングに参加しています。
応援してくださると励みになるので、よろしくです(^^)/
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村






[PR]
by slowlylifee | 2014-09-10 23:13 | 食---魚 肉 卵