基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

パンかつ

f0356001_13072364.jpg
昨夜、テレビでローカルフードの特集をしていました。
その中に、「パンかつ」というものがありました。

「パンかつ」とは、
食パンの表面に水で溶いた小麦粉をつけ、
さらにパン粉を付けてラードで焼き上げた後、
ソースをかけて仕上げた食べ物。
戦後の食料不足の時代にパンをカツに見立てて生まれたとされ、
八王子では駄菓子屋などでも販売されていたという。

夫は、小学生の頃、八王子に住んでいました。
夫にこの話をすると、「知らないよ~」。
なら、食べてみようということになり、お昼ごはんの代わりに作りました。

ラードがなかったので、バターを使いました。

半分に切った食パン、一つは、定番どおりにソース。
もう一つは、今、私が今、はまっているトマト餡にしました。
(このトマト餡は、後日にまた、ブログにアップします)


f0356001_13223257.jpg

夫と恐る恐る食べてみました(笑
外はさくさく。
中は、ふんわり。
一口食べて、「ふむ・・」
駄菓子っていう感じかな?
大したことないわ~って思って食べてたはずが・・・なんか、懐かしくてまた、食べたくなる味?

戦後、物のない時期、お母さんたちは、こうやって、創意工夫をして、子供たちに食べさせたんやね。
そういう思いが懐かしいのかな?
なんか、ほっとする感じでした。
物のない時期だからこそ、うまれた食べ物。
そういうところから、いつでも、人間の知恵が働き、ものは、うまれるんやね。

f0356001_13225337.jpg
戦後のB級グルメを普及させようと、
市内の有志らが「日本パンカツ協会」を設立されたそうです。

こういう思いのこもった食べ物、いつまでも残っていてほしいな。



f0356001_11055603.png


f0356001_13264864.jpg
私が結婚するとき、
幼稚園からの幼馴染が、「お祝いに何が欲しい?」と聞いてくれ、
すぐに、私は、当時人気だった、たち吉さんのAdam&Eveのカトラリーが欲しいと答え、
お祝いにもらいました。

そのカトラリーがこれ。↑
ブログの写真の中でも、時々、登場します。

それから、30年以上。
ずっと使い続けてきたので、必然的に、傷だらけです。
そろそろ、新しいカトラリーを買おうかなと
人気の栁宗理さんや他のカトラリーを試しに数本、買ってみたけれど・・・
やっぱり、こっちに戻ってしまいます。
30年以上も使ってるから、口あたりとか持った感じとか、体にしみこんでるのかな?



f0356001_13265840.jpg
こうやって写真に撮ってみると、
使うことで生まれる質感があるんやな~と感じます。

贈ってくれた幼馴染のことも、このカトラリーを手にするたびに思い出します。

大事にこれからも、使っていこう。



今日の言葉
 新品より、使い込んだほうが味わいを感じる


古くなればなるほど、さらに、可愛がってもらえる人になれるよう日々精進しよう(^^)/




※ すずさんが、私のブログをみて、「日本一簡単に家で焼けるパンレシピ」の本を購入。
  そして、このレシピでパンを焼くことにはまられたそうです^^
  私のレシピでも本でもないのですが、なんか、嬉しいです^^ 
  すずさんのブログは、お洋服のコーデがテーマ。
  毎日、センスの良いコーデを披露してくださっています。
  私も参考にさせてもらってます♪
  すずさんのブログは、こちら  →  ベルバーンに魅せられて



            
今日も訪問してくださって、ありがとう~♪

ランキングに参加しています。
ももちゃんの写真をクリックして、応援してねー(^^)/
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村







[PR]
by slowlylifee | 2014-09-06 23:13 | 食---麺類 パン ご飯