基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

キムチマグロ丼とレッスン復帰!

f0356001_20372335.jpg
テレビの「まかない飯」という番組で、この丼を観ました。
この組み合わせは珍しいのかなと検索してみたら、そうでもなかった。
ならば、美味しいに違いないわとやってみました。

刺身用のマグロとキムチ、すりごま、醤油、ごま油を入れて混ぜたら、ご飯の上にのっけるだけ。

家族の反応は、とても良かったです。
私は・・・・。
美味しいけれど、普通のマグロ丼のほうが好き・・・^^;

好みも人それぞれです~~~!(^^)!





f0356001_11055603.png

9月1日、今日、一年ぶりにバレエのレッスンに復帰しました!

昨夜から、ちょっと緊張でドキドキ。
出かけるまで、何度も何度も忘れ物はないかと、レッスンに持っていく荷物のチェック。
なんせ、一年ぶりだから^^;

普段はメガネだけれど、レッスンのときはコンタクト使用。
コンタクトも一年以上、はめていなかったから、緊張と重なって、なかなか、入らない~~~><
おかげで、出かけるときは、お目目が真っ赤っか!

トイレにも何度も行くし、とにかく、舞台に出る時よりも緊張しました^^;

スタジオについて、ドアを開けると、先生や皆が、私が現れたことでびっくりした顔。
この一年間の報告と、これから、リハビリもかねて復帰しますとご挨拶。
快く歓迎されました。ホッ(^◇^)


クラシック音楽がかかり、レッスン開始。
一年ぶりにもつバー。
(一週間か2週間のお休みはしたことはあったけれど、こんなに長くバーに触れなかったことはなかった)
この時は、もう、緊張はありませんでした。
ただ、今、バーに触れている。レッスンしていると思っただけで、うれし涙が出てきました。(私、結構、涙もろい^^;)

レッスンが進むうちに、整体のF先生の言われた言葉がわかりました。
日常生活で使う筋肉は、しれてる。
それ以外の筋肉がいかに多いか、そして、その筋肉が動かないことを実感。
これが、リハビリなんだわ。
これが、F先生の言われた「レッスンをしたほうが治りが早い」ということなんだと思いました。
でも、無理はしない。できる範囲でやりました。

途中、ジャンプもこなせました。

一年間、ストレッチもなにもやってこなかったので、やや筋は縮んでいる感じはあったけれど、
Y字バランスはちゃんとできた。
前後開脚もOK。

でもやっぱり、左肩を患ったせいで、左半身の縮みがひどい。
左半身が縮んでいるから、左重心のときはいいけれど、右重心で左を動かすとき、足もあがらないし、股関節の動きも悪い。
ちょっとやっただけで、股関節に痛みを覚えました。
その時に、以前にレッスンで学んだ言葉が浮かびました。
「体の痛みや調子が悪い時こそ、体の動かし方が学べる」と。
そっか・・・。
左半身が縮んでいるから、おなかに意識をもって、上に引き延ばせばいいんだ!
そうやると、股関節の動きもよくなり、痛みもなくなりました。
筋肉の動きを自分で感じることは、なかなか、難しい。
動きを感じたことを忘れずに、それを会得していくのも時間がかかるけれど、意識できるっていうことが大事。
動きを感じれたことだけでも、一歩前進だから、嬉しかったです。

バーが終わって、センターに。
パ(「動き・ステップ」の意味です)の組み合わせで踊ります。

以前は、一つでもパができないと、そのまま、棒立ちになっていた私。
できないと、なぜか、自分がショックになるのです。
だから、できることもできなくなり、次のパに進むことができなかったのです。

今日は、久々のせいもあって、できていたパもできなかった。
けれど、棒立ちになることもなく、次のパへと進むことができた。
これは、私にとっては、すごく前進でした。

私が思うに、レッスンできること自体が嬉しかったからだと思います。
だから、ちょっとのことでも、へこたれなかった。


レッスンが終わって、先生から、「大丈夫?疲れなかった?」と。
「いいえ、全然!久々のレッスンは、とても楽しかったし、レッスンができることが幸せだと思いました」とお返事しました。

帰り道道、自分の意識が体を悪くする前と今、大きく違っていることに気づきました。
前は、上手になりたい。上手に見せたい。と必死だった。
今は、レッスンできる体に戻れたことに感謝だけで、上手になりたいとは全然思いませんでした。
だから、レッスン中も、以前は、笑顔で踊ることが意識しないとできなかったけれど、
今日は絶えず、鏡をふと見た時の自分は、踊ってる間中、笑顔でした。

下手とか上手とか、関係ない。
自然の笑顔で踊れることが大事なんだと・・・思いました。


そして、私は、今日、この一年間の出来事は、無駄ではなかったと思いました。
諦めない心。
無理はしないけれど、チャレンジする精神の大切さを改めて実感したからです。

人は、年々、老化していきます。
年を重ねれば重ねるほど、その老化は加速を増します。


最近、テレビで、高齢の方が頑張っている様子をよく観ます。
その方々は、「生涯青春!」と口ぐちに言われています。
また、絶えず希望を持ち続ける。とも言われています。

その笑顔は最高です。

年齢を重ねるにつれて、自然の摂理で、体のあちこちにガタがきます。
ともすれば、「もう、歳だから・・・」と自分に言い聞かせるように自分で自分を閉じ込めてしまいがちです。
実際に私が肩を患ってから、そうでした。
そこで、自分の成長は止まってしまいます。
成長が止まると、人間は卑屈になっていきがちです。

だから、生涯青春の気持ちで生きていかねばならないのですが、決して簡単に実行できることではありません。
最終的には、私は、やっぱり、自分なんだと強く感じました。
「自分に負けない心」
人に勝たなくてもいい。
でも、自分には負けない。
その「心」こそが、いつも笑顔で生きていける大事な要素なのではないかと、今日、つくづく感じました。
またそれは、この一年があったればこそ、感じ取れたのだと思います。

人は、痛い思いをして何かがわかるものなんですね。

生涯青春!
自分に負けない心!
感謝の心!


このことを忘れないために、ブログに残しておこうと思い、記事を書きました。







今日も遊びにきてくれて、ありがとう~♪

ランキングに参加しています。
ももちゃんの写真をクリックで、応援してねー!(^^)!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




[PR]
by slowlylifee | 2014-09-01 23:43 | 食---麺類 パン ご飯