基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

夏の冷やしおでん

f0356001_21212329.jpg

昨日の夜ご飯は、冷やしおでんにしました。
前日、夕飯を終えてから作り、冷蔵庫でキンキンに冷やしておきました。

日中は、本当に暑いから、夏は、夕飯を終えてから翌日の夕飯の仕込みをします。
私の夏の生活スタイルです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
☆ 材料
トマト
茄子
オクラ
かぼちゃ

練り物

出汁
揚げ油


☆ 作り方
下ごしらえ
① 冬のおでんと違い、少し濃いめの出汁に甘味を少々プラスして、おでんだしを作っておく。
② ゆで卵をつくっておく。
③ 茄子は二つに切り、斜めに隠し包丁を入れ、塩少々をふり、暫くおく。
  そうしたら、水分が少しでてくるので、キッチンペーパーで抑えながら、水分をとり、油で揚げておく。
  こうすることで、余分な油を吸わなくなる。
④ かぼちゃは、適当な大きさに切る。
⑤ オクラは塩少々を入れたお湯で下ゆでしておく。
⑥ トマトはお湯にさっとつけて、皮をむいておく。
⑦ 練り物はお湯で湯通しして、余分な油をとっておく。

ここまできたら、お鍋にだし汁をわかし、だし汁がわいたら、カボチャを入れて、カボチャに竹串がすっと通るまで、弱火で静かに煮る。(強火で煮ると、かぼちゃが崩れるので注意)

次に、鍋の火をとめ、下ごしらえした茄子、トマト、オクラ、練り物、ゆで卵を入れて、蓋をしてそのまま冷めるまでおく。
こうすることによって、熱が下がるにつれて、素材に味がしみこんでいきます。

熱がとれたら、鍋ごと冷蔵庫で冷やしておく。

涼しげなお皿に盛りつけしてできあがり。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

きちんと下ごしらえしたおでんは、最高に美味しかった。
冬と違って、夏のおでんは、野菜を中心にしてみた。
トマトが最高に美味しかった。

f0356001_21325538.jpg


おでんのときに出すご飯は、私はどうも、白いご飯だとあわない気がして、いつも、炊き込みご飯にする。
今日の炊き込みご飯は、ベビーホタテの佃煮と多めの生姜の千切りを入れて炊いた。
そして、それをおにぎりにした。


f0356001_21345117.jpg

取り皿も冷蔵庫で冷やして。

「ご飯だよ~~」と家族を呼び、食卓に家族がそろったとき、
「おいしそう~!」と声があがった。
こういう時、丁寧に作ってよかったなと思う。
[PR]
by slowlylifee | 2014-08-04 21:40 | 食---野菜 海藻