基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

エアコンのクリーニングと普段のお手入れ方法

エアコンの効きが悪くなってきたように思ったので、エアコンのクリーニングを業者の人に頼みました。

先ずは分解。
f0356001_220764.jpg

きっちゃな~~@@

f0356001_2205597.jpg

網フィルターはこまめに掃除してたけれど、内部は掃除できなくて・・・
こんなになっていたんですね・・・・@@

f0356001_225163.jpg

うわ~~っ!
これ、黒カビだ・・・・・><

f0356001_2255956.jpg

汚れないように家具に、ちゃんと、カバーをかけてくれて、これから、お掃除です。

f0356001_2265835.jpg

はずした部品も洗ってくれます。

f0356001_0475398.jpg

エアコンに洗剤をかけて、しばらくしてから、高圧洗浄。

f0356001_228351.jpg

すると、バケツの中に洗い流したお水が・・・真っ黒です・・・@@
これ、全部、汚れ・・・・@@

f0356001_229069.jpg

汚れが落ちた後は、見違えるようになりました。


この日、家中のエアコン4台を頼みました。
時間にして、3時間でした。

エアコンのききは、今までと全く違い、とてもよく冷えるようになりました。
それとともに、エアコンから出る風もなんだか、気持ちよく感じます。


お掃除屋さんの話です。
エアコンは掃除機の7倍の吸引力があり、夏場の内部湿度は90%以上あるそうです。
それだけ、ほこりを集める能力があり、なおかつ、湿気があるのでカビには最適の場所とのこと。

それでは、どうしたらいいか?
まず、エアコン内部を乾燥させることが、カビの発生を抑える。
鍵は、「送風運転」だそうです。

送風運転のメリット
① 内部乾燥を自然にできる。
② 電気代が冷房よりかなり安い。
③ タイマー設定をお出かけ前に設定して不在時に乾燥させる。

でも、夏場に送風は暑くて無理!
そこで、
① リモコンを送風運転に変更。
② 「タイマー切」を3時間に設定。
③ 外出する。お出かけ前に行うのがミソ。 だそうです。

※ 送風設定がないリモコンの場合は、「冷房で30度以上の最高温度」に設定すると送風と同じ状態になる。
室内気温が30度以上の場合は送風にならないこともある。
その場合は、暖房で1時間のタイマー設定にする。

特にお盆等で長期に家を空ける際に冷房をそのまま切ると、内部に水分が残った状態になる。
それが原因でバクテリア・カビが発生し、臭いの原因となる。

エアコン本体の乾燥を忘れずに行うことが大事(週1か2週に1回くらいが良い。夏場だけ)

各メーカーで表現が違うが、
内部クリーン・内部乾燥とリモコンにボタンがある。
そのボタンは弱い暖房運転を自動制御で作動して1時間程度で止まる。
だから、その場にいると暑くなるので注意。
リモコン運転で運転を切っても作動し、内部乾燥ランプが点灯している場合は、そのままにして、
外出か他の部屋へ移動。

※ 毎日行う必要はない。やりすぎるとバクテリアが発生することがある。

以上、お掃除やさんからもらった普段のお手入れ方法 (フィルター掃除以外にできること)でした。


せっかく綺麗になったエアコン、この注意点を忘れず、週一で内部クリーンをしようと思います。
それまで、内部クリーンってなんだ?って思ってた・・・^^;
(おい!ちゃんとエアコンを買ったときについてた説明書読めよ~~てか?笑)

ちなみに、市販で売ってる1000円くらいのエアコン用の洗剤のことをききました。
あれは、表面だけしか、汚れを落とさないし、流さないので、効果はほとんどないとのことでした・・・。
[PR]
by slowlylifee | 2014-07-26 22:28 |