基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

坐骨神経痛


年が明けて、2014年。
痛みだけでもとれてほしい・・・・ひたすら祈って、新年を迎えました。
相変わらず、肩の痛みは続いていました。

心配して、電話をくれたバレエの友人。
私のいつもの声と違って、あまりにも消耗しきった声だったので、びっくりしたようです。
(この頃、受話器を持つのが辛くて、スピーカーフォンにしていました)
自宅にお見舞いにきてくれた近所の仲良しさん、
「あの時の○○ちゃんは、本当に痛々しくて声をかけれなかった」と・・・。



何もできないので、ただ、ひたすら、横になっていました。
横になっていても、辛かったのですが、横になるしかなかった。

そうしたら、今度は、お尻が痛い???
お尻が痛くて、寝てられない・・・。
火傷をしたとき、ひりひりするでしょ?
あの感じです。
あの感じがお尻全体にあるんです。
時には、電気が走るようなビリビリっていう痛さ・・・

足も前以上にしびれるようになっていました。



大学病院では、「坐骨神経痛ですね。今度、MIRをとりましょう。
肩もいまいちだな~~。
もう少し、経過をみて、良くならなかったら、手術かな」

おいっ!手術だと?
あんな下手な理学療法士で、なんで良くなるんだよ!と心の中で呟いていました。
手術ときいて、帰りの電車の中で、「いやだいやだ~~~っ!」

私、30代の頃に2年半で切腹(開腹手術)を5回してるんです。
もう、手術はこりごり・・・・。
それに、整形外科っていうところは、すぐに手術をしたがる。
私の周りでも、整形外科に通って、良くならず、手術をした人が何人かいます。
手術をしても、良くなってない。
整形外科での手術だけは、嫌でした。

どこか、もっと良い治療をしてくれる人っていないのだろうか・・
あんなに、詐欺みたいなところにも行って懲りたはずなのに、、またしても、わらをもすがる思いで、あちこちの整体、カイロプラクティックをまわりました。

そういえば、こんな整体もありました。
初めて行った日、
私を見て、すぐに、
「あんたは、腎臓、心臓が悪い。死ぬとしたら、心臓病やな。」
おまけに、五十肩と坐骨神経痛で行ってるのに、
「んなもん、どうでもええねん!腐ったみかんが1個あるだけで、他のみかんが腐るやろ?
それと同じや!まず、腐ったところから治さんと!」
で、どんな施術かっていうと、ちょっと、体を触っただけで、
壁に向かってたたされ、屈伸運動・・・。
「これ、家でもやってや。これは、どこの先生もできひん秘術や。」
「1000回やで!」
やったよ・・・1000回。
しかも、この屈伸運動、膝と足の向きを逆にしてする。
やっていくうちに膝が痛くなる・・・


3日ほどやって、ふと、気が付いた。
これって、バレエでは絶対にダメって言われたこと。
膝と足の向きが逆になっていると、膝を痛めるからって。
あかんやん!
私もあほで、自分の膝が痛み始めて、気が付いた・・

おまけにここの先生、帰るとき、ハグしてくる・・・(--;
「ハグしていいか?」って言って・・・
「はあぁ?」って言ってる間もなく、ハグしてくる・・・

やめたよ!
おかしいもん!
3度ほど通って、気が付く私も私や・・・・><


病院以外は、ひきこもりだったので、痛みを我慢しながら、寝て、テレビを見ていました。
ドラマはCMばかりで、面白くない。
ついつい、テレビショッピングをみていました。
テレビショッピングは、健康食品や健康グッズ。
「これ、腰痛にはいいですよ~~」「私もこれで治りました」
「ふん!んなもの効くか!」と思いつつ、ずっとみてると、そのうち、MCの巧みな言葉に洗脳され・・・
健康グッズをどれだけ買ったか・・・^^;
けど、どれもこれも、こんなつくりでよくこの値段をとるな~ってものばかり。
数回試したけど、痛みは増すだけで、結局、きくはずもなく・・・むなしくそれらは、部屋の片隅に・・・。

今、通っている整体の先生に言わせると、
人それぞれ、同じ病名でも微妙に違うから、健康グッズはお勧めしない。
かえって、体を痛めるだけとのこと。

サプリや健康食品も、世の中に数多くあるけれど、
含有量は微々たるもの。
もし、そういうものを買うなら、医師のもとでしか販売されていないサプリをお勧めします。
同じ値段でも、含有量が全く違います。
健康食品で、健康になれるのだったら、医者が出してるわ(笑



お尻の痛みも日に日にまし・・・
座るのが怖くなってきました・・・
座るともっと、痛いんだもん・・・><
座るってこんなに痛いもんだっけ?

私の体、どうした???
あちこち、急にがたがきてしまった・・・
年をとるって、こういうこと?
この先、この痛みと付き合って、生きていくのか?

そういえば、昔、転勤先でよくしてくださった近所のおばあちゃん、
私に、「年をとったら、お金かかるんよ~~。」って。
「え?若い時のほうが化粧品や洋服やらで、お金かかるような気がするけど???」
今になって、しみじみとその言葉がわかる・・・

体力気力も失せ、そのうえにあちこち、がたがきて・・
お先真っ暗や・・・・

それにしても、なんで、こんなにお尻が痛いのさっ!
足もしびれ、肩はいまだ、痛みもひかず、上がらず、ほんと、辛かった・・・・
口に出る言葉は、「痛い痛い痛い・・・・」だけ。

でもね、ある日、ふと、こう思うことにしたんです。
昔、父が脳梗塞で倒れて、入院したとき、父は、頑張ってすぐにリハビリをして、歩けるようになった。
ところが、父より遅れて同じ脳梗塞で倒れた人、
リハビリを嫌がって、あれよあれよというまに、筋肉が委縮して、体も腕も足も九の字に曲がってしまった。
また、よくお年寄りの人がリハビリは辛いって言ってたのを見て、
あんな簡単な運動の何が辛いのだろうって思っていたけれど、こういうことだったのかと・・

よっしゃ!
なら、私も、これはこの先の予行演習としてとらえようって!
そうしたら、なんか、ちょっと、気持ちは楽になったのです。

肩とお尻は痛いけど、まだ、口と足は動かせる!
そう思ったら、元気も少しはでて、友達がかけてくれた電話に
「口と足は動かせるから、ひきこもりの私に、電話してきて!」とね♪

歩くと肩に響いて痛いけど、足は動かせるから、歩こうって!
外の空気を吸おう!って。

そうやって、自分を励まし、なるべく、外にでて、気分転換をはかりました。




ある日、ふと、鏡を全身でみました。
キャミソール1枚の姿で。

あれ?キャミソールが左にねじ曲がってる。
普通、ストンって落ちてるのが、左にねじ曲がってるのです。
何度、元にもどしても、ちょっと動くと、左にねじ曲がって落ちる。

それと、びっくりしたのは、左手と右手の長さが明らかに違う。
15センチくらい、左手が短い。
右肩も完全に下がってる。
おまけに、腰のあたりの肉、右はちゃんと腰のラインがあるけれど、
左は、パンツの上にたんこぶのように肉がのっかってる・・・・

この間、直してもらったメガネも、右に下がってる。
(ずっと、メガネが右に下がってるので、メガネがまがっていると思って、直してもらったのです)

歩くときもおかしくなっていました。
左腰が少し前にでて歩いてる・・・・
おまけに、前をまっすぐに向いて歩けない。
肩は前に丸まって、まっすぐ前を向けないのです。

筋肉が委縮してる???
そう、痛みの期間が長く動かせなかったので、筋肉が委縮してしまい、体が変形してしまったのでした・・・。
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-28 12:43 | 体のこと