基本お料理ですが時々、気まぐれなネタで更新チュ♪

by mari

薬味ちらしとお料理ブログが辛くなった理由その①

f0356001_9202959.jpg



ムシムシした梅雨時は、食欲も落ちるし、
体もだるくなって、キッチンには余りたちたくない。
一人だと冷蔵庫のあまりものですませることもできるけれど、
うちは、母がいるから、そうもいかない。
時々、面倒だなと思うこともあるけれど、
母がいるから、食事の支度をするわけで、
それは、私にとってもちゃんとした食事がとれるから、ありがたいことなんだと、言い聞かせ、キッチンに立つ。

けど、やっぱり、手抜き(笑



炊いたご飯に市販されている酢飯用の酢をかける。
パックで売られている刻みねぎ
これまた、パックに入った刻みたくあん
ごま
しらす
ちくわと茗荷

ちくわと茗荷だけは、包丁を使うが・・・・。

これらを混ぜるだけ。

要はありあわせのものをなんでもぶっこみゃいいんだわ(笑
この日は、あっさりしたものが私自身もよかったので、この具になっただけ。

あとは、涼しげに見えるお皿に見栄えよく盛ればOK!
お料理は見栄えも美味しさの一つ。
そしたら、手抜きもばれない(笑




最初は楽しかったお料理ブログ。
毎日、アイデアも浮かんだし、「おいしい!」に掲載されると、嬉しかった。
食卓が整い、家族が口を開けて待っているにも関わらず、
カメラに写真を収めていた。
私の場合、納得がいくまで、一つの料理に毎回、アングルを違えて50枚くらいは撮っていたので、そこそこ、時間もかかった。

食べる頃には、温かいものは冷め、冷たいものは、ぬるくなっていることもしばしば。
麺類などをブログにあげるときは、大変だった。
麺類はすぐにのびるから、時間との戦いだった(笑


最初はそれも、よかったのよ・・・。
でも、だんだんと、美味しいはずの料理が食べる頃には、美味しさが失われていくことに我慢ができなくなってきた。


外食に行った時も、カメラを携えて、写真に収めていたが、
ある日、ふと、疑問が起こった。
料理は出来立てが一番。
テーブルに出されたときが一番おいしい時なのに、お金をはらってまで、なんで、このタイミングを逃すのか?
それからは、外食に出向くとき、カメラをもたないで行くようになった。

カメラを持たずに外食に行く。
それがすごく気楽で・・・(笑
美味しいものを食べに行く。
その行動がそのまま、ダイレクトに堪能できることに、喜びを覚えはじめた。

そうしたら、家の料理もそう感じだしてきて、
出来立てをなんで、我慢しなきゃいけないのかと・・・・(笑

誰のためのブログなのか?
何のためのブログなのか?

もちろん、いい具合にできたときは、誰かにもみてもらいたい。
この料理、美味しいよと自慢もしたい。
けれど、毎日、出来立てを我慢することがストレスになってきた。

これからも、お料理はブログにアップすると思う。
でも、毎回は、我慢しないと思う。

「食べ物の恨みは恐ろしい」とは、昔からよく言うが、
私の場合、食いしん坊という証拠で、出来立てを食べれない恨みが募っただけだったのだ。
[PR]
by slowlylifee | 2014-06-18 10:07 | 食---麺類 パン ご飯